EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

LINE掲示板で“地雷女”を踏まない3つの方法

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
LINE掲示板で“地雷女”を踏まない3つの方法

【EGweb】運営者江川

「LINE掲示板の写真は可愛かったんだけど、会ったらパンチが効いてた…」

 LINE掲示板に限らず、ほとんどの男性はこのような経験をしたことがあるだろう。

 女の子で一番信用できないものは、『写メ』である。

 デジカメで撮った写真ならまだいいが、携帯やスマホで撮ったものは危ないし、プリクラだったら最悪だ。

 そのイメージを持ったまま会ってしまうと、幻滅することがほとんどなのだ。

 そもそも、本当に可愛い娘はLINE掲示板で出会いを探す必要はない。

 しかし、「中には可愛い娘がいる」ということもまた事実。

 では、LINEでやり取りをしている段階で、どうやって選別すればいいのだろうか?

 以下では、その3つの方法を解説していく。

1.写メを見極める


 いくら写真が信用できないからといって、会わずにルックスを知る方法はそれ以外にない。

 問題なのは、加工した写メである場合だ。

 たとえば、「鼻や口をマークで隠している」、「白くなるくらい光が当たっている」、「やけに上からのアングルから撮っている」などの写メがそうだ。

 そもそも、なぜ女の子は写メを加工するのだろうか?

①素顔を晒す危険性を知っているから
②写メなしでは興味を持たれないから
③LINE掲示板用の写メがあるから

 上のように、加工した写メを使うということは、「LINE掲示板でのやり取りに慣れている」ということ。

 つまり、加工した写メを使っている女の子は、地雷の可能性が高いのだ。

2.写メを要求する


 LINE掲示板やLINEでのプロフィール写真だけでは、その女の子が地雷かどうかを見分けることは難しい。

 そこで、ある程度仲良くなったら、あなたから「写メ交換しようよ」、「写メ送ってよ」などと提案してみよう。

 躊躇なく送ってきたら、地雷ではない可能性が高い。

 しかし、それ以上に送ってこない女の子のほうが多いのだ。

 そういう娘には、写メを送らない理由を聞いてみよう。

「今カメラが壊れてて…」

 このように、外的要因を理由にする女の子は期待できない。

「私そんなに可愛くないから…」

 こう答える娘は、可愛い女の子の謙遜ではなく、本心からきている。

「送る気はあるんだけど送れない」というニュアンスを含ませる部分に、彼女たちのルックスが透けて見えるのだ。

 たとえ粘って送らせたとしても、幻滅することはカンタンに想像できる。

「会ってからのお楽しみだよ♪」

 その反面、これは唯一期待してもいい。

 なぜなら、ある程度自分に自身がなければ、このセリフは言えないからだ。

3.モテ期を聞く


 写メ以外で、地雷かどうかの判断をするために有効なのが、「モテた時期を聞くこと」である。

 ある程度仲良くなったら、「モテ期はいつだった?」と聞いてみよう。

 ほとんどの女の子は、謙遜と恥じらいを含めて、学生時代のピュアだった時期を答えるだろう。

 その回答によっての見分け方は、以下のようになる。

①小学時代以前なら、本当の意味でモテたとは言わず、地雷の可能性が高い。
②中学時代以降なら、モテた経験があり、地雷の可能性は低い。


 女の子は、中学生から大人になるにつれて、驚くほどルックスが変わっていく。

 そのため、中学時代にモテた経験のある娘は、今ではかなり美人になっている可能性が高い。

 ただし、「幼稚園だったよ」と判断不能な時期を答えてきた場合は、「二番目のモテ期はいつだった?」とさらに質問していこう。

「仕事を始めたころからかな」「会社に入ったときからかな」などと返ってくれば、アタリと判断していい。

最後に

『LINE掲示板で地雷を踏まない3つの方法』はいかがだっただろうか?

 もちろん、女の子のルックスの善し悪しで、最終的な答えが見つかるのは、その娘と会ってからになる。

 効率的にするためには、「とにかく会って、地雷だったら帰る」という非情さもアリかもしれない。

 しかし、会う前に「地雷ではない」と判断できれば、そのための意欲も湧いてくるし、女の子に不快な思いをさせなくて済む。

 もし地雷を踏んでしまった場合でも、その日は我慢して付き合い、人としての最低限のマナーだけは守るようにしたい。

PDFで読む、LINEトーク術。

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top