EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ニコ生】世界が認めた『常連リスナー』5つの凄さ

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【ニコ生】世界が認めた『常連リスナー』5つの凄さ

【EGweb】運営者江川

 ニコ生を始めたばかりの頃は、なかなか視聴者が集まらない。

 放送枠数が5000以上も存在しており、リスナーの分散が著しくなっているのが現状だからだ。

 もちろん、過激な内容の放送や、目立つようなコミュニティであれば話は変わる。

 しかし、あくまでも「出会う」ことが目的であれば、基本的にそのようなことをする必要はない。

 いずれにしろ、この過酷なニコ生戦線を生き抜くためには、『常連リスナー』の確保は最重要課題となる。

 実際に生放送をしていれば、いつでもあなたの放送を見てくれる彼ら(彼女ら)は、とても心強い存在だということが痛いほどわかる。

 初期のコミュニティの発展と展望は、常連リスナーにかかっていると言っても過言ではないのだ。

 だが、そんなに難しく考える必要はない。

 まずは、あなたの生放送に常駐してくれるリスナーの確保に努めよう。

 誠意を持って良心的な放送を心がけていれば、自然に人は集まってくる。

 定期的な放送をしていれば、あなたの人柄を好む常連リスナーは必ず付いてくれる。

 彼ら(彼女ら)は生主にとって非常に頼もしい存在となり、コミュニティ人数を増加させるための重要な要因でもある。

 そのため、常連リスナーを大切にしつつ、地道な努力で新規ユーザーの獲得を目指していこう。

 当記事では、そんな「常連リスナーの重要性」についての知識を深めて頂くことが目的だ。

1.いつでも放送を見てくれる


 基本的に常連リスナーは、時間が空いていれば放送に来てくれる。

 そのため、ニコ生を始めたばかりで視聴者が少ない時期は、とても心強い存在になってくれるのだ。

 俺はニコ生初心者のころ(今もそうだが。笑)にリスナーが少なく、そんな常連さんのコメントには何度も元気づけられた。

 彼ら(彼女ら)には感謝の気持ちを忘れないようにし、放送の終わりには「ありがとうございました!また来てください!」と元気よくお礼を言おう。

2.生放送をルーチンワークにしてくれる


『ルーチンワーク』とは、人それぞれの日課を指す。

 言い換えれば、一度喫煙するとまた吸ってしまうタバコのようなもので、その行為に依存しているということ。

 常連リスナーは、あなたの生放送を日常生活の一部として見てくれている。

 ニコ生のリスナーの多くは、「時間が空く ⇒ 好きな放送を見る」という行動がルーチンワーク化している。

 そのため、一度常連リスナーになってもらえれば、なかなかその放送からは離れられなくなってしまうのだ。

3.放送を盛り上げてくれる


 常連リスナーがコメントしてくれることによって、初見リスナーも放送に参加しやすくなる。

 そのような反応があれば、放送の雰囲気が明るくなり、あなたの放送意欲も向上するだろう。

 結果的に、リスナーにとって居心地の良い放送となり、新規リスナーの獲得へと繋がるのだ。

 しかし、これはコテハンを推奨していない放送の場合に限る。

 コテハン推奨放送の場合、初見リスナー獲得率は下がってしまうからだ。

 詳しくは、『コテハンを推奨しない』(作成中)をご覧頂きたい。

4.放送を広めてくれる


 常連リスナーの力は、放送を盛り上げてくれるだけではない。

 あなたの放送の知名度を高めるという、重要な役割も持っているのだ。

 彼ら(彼女ら)の背後には、独自のネットワークが存在している。

 それは、人間なら誰しもが持っているそれぞれの人脈のこと。

 放送を「面白い!」、「人に教えたい!」などと感じてもらえれば、その膨大なネットワークの力で放送を広めてくれる。

 もちろん、これは常連リスナーに限ったことではない。

 初見リスナーも、放送を広めてくれる可能性はある。

 しかし、常連リスナーのほうが生主との距離が近いため、多くの人に広告してくれる可能性が高いということだ。

 今や『Twitter』を始めとするソーシャルネットワークが、最新の情報を得るための主な手段となっている。

 人のクチコミによる情報の加速力はもの凄く、魅力的なコンテンツがあれば爆発的に広がっていく。

 そのような人たちにクチコミしてもらえる放送になるよう、日頃から情報収集は欠かさないようにしておこう。

5.常連リスナーは囲い厨へと進化する


『囲い厨』とは、生主を独占しようとするリスナーを指す。

 彼ら(彼女ら)は非常に独占欲が強く、囲っている生主の放送を妨害する人を攻撃したり、囲い主の不利益になるような放送の邪魔をしようとする。

 言ってみれば荒らしのようなものだが、“愛主心”があるぶんまだマシだろう。

 囲い厨はマイナスのイメージが強いが、あなたが囲われると非常に頼もしい味方となる。

 たとえば、以前こんなことがあった。

 とある生主Nが、ある放送を妨害しようとした。

 そのためにNは自らの囲い厨に指示を出し、一気にターゲットの放送に流し込んだ。

 すると、その放送への来場者数やコメント数は跳ね上がったが、それ以上に誹謗中傷コメントが爆発的に増えてしまったのだ。

 その生主は、ハンドルネームをとある戦国武将の名前にしていたことから、囲い厨は「足軽」と呼ばれていた。

 上記は、囲い厨に支持されていた生主が、モラルを欠いていたために起こった事例。

 この場合、俺は生主は『教祖』、囲い厨は『信者』だと位置づけしている。

 一種の宗教のようなものであり、「生主を信仰している」とも言えるからだ。

 これは決して大げさな表現ではなく、それだけ『囲い厨』は生主と深い繋がりを持つとともに、利用価値がある存在だということである。

 当ブログを見て下さっているあなたは、囲い厨を利用する場合でも、モラルを持つよう心がけてほしい。

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top