EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

現役女子高生のお尻がすぐソコに!JK見学&リフレのハイブリット店、池袋「G」潜入レポート

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
現役女子高生のお尻がすぐソコに!JK見学&リフレのハイブリット店、池袋「G」潜入レポート

ライターベアさん

 このところ、高田馬場の有力店『ぴゅあどーる』が閉店に追い込まれるなど、JK店に対してキナ臭い動きが続いている。そんな中、リフレ店、見学店がいくつか新規OPENした模様だ。

 10月某日、その1つである池袋の「G」に行ってみたのでレポートしたい。
 「G」の特徴はなんと言っても“見学&リフレ”、1つの店舗で2つの需要に応えるハイブリット店なのだ。
 但し、見学とリフレの組み合わせは初期の頃、秋葉原の超有名見学店が大失敗に終わっているので、この店がどうなるかは楽しみなところ。

 余談だが、「G」は新規店にも関わらず、「宣伝をしているのか?」と疑問に思うほど関連媒体への露出が少ない。
 かく言う筆者も、実は某リフレ嬢のSNSを見ていて、あちこちに飛びながらやっと情報を手に入れたのだ。

“現役”の判別は出勤表の○印にアリ


「G」は池袋駅の東口方面に存在する。東口はいかにもという北、西口方面とは異なり、アニメから風俗まで様々なものが混在している。

 駅から「G」へは少し距離があり、サンシャイン通りをドンドコ進んで路地に入る。猫カフェやチラシ配りのメイドさんを尻目に、塩ラーメン屋の前へ。
 このラーメン屋のビルに「G」はある。
 JK店の特徴として、当然のごとく地上に看板などは置いていない。地図を見ても判りにくい事この上ない。
 池袋の地理に詳しくない方は、店に電話したほうが確実だ。

 ラーメン屋の食券機を素通りし、エレベーターで上がるとドアが2つある。
 奥はエステ系の店舗になっていて、その手前が今回の目的地「G」の入口だ。

 何故かインターホンがあるが、迷わず扉を開けよう。これは後から知った事だが、誰かがインターホンを押すと店中に響き渡り、失笑を買うハメになる。

 ドアを開け、受付の男性にシステムを聞く。
「見学」、「リフレ」、「見学&リフレ」の3コースがあり、やや良心的な料金設定に思える。

料金システム

●見学
・25分3,000円
・40分4,000円
・60分5,500円

●リフレ
・30分4,000円
・45分5,000円

●見学&リフレ
見学15分+リフレ30分=6,000円

※全コースに指名料が含まれている。

 おススメはやはり「見学&リフレ」コースとのこと。それぞれの時間も割り振れるので、目的に合わせて選ぶといいだろう。

 各嬢の番号が書かれている出勤表を指さしながら、店員様が言う。

「○の付いている娘は“現役”になります」

(!!!!)

 もはや“現役”とは何かなどと聞く輩はいないだろう。醍醐味はやはりその2文字に集約されるのだ。

 迷わず「見学&リフレ」コースを選択すると、(※1)を手渡された。最初は困惑したが、その用途は後に判明することとなる。
 オープン当日だけあって満員の様だが、10分程度の待ち時間を経て個室に案内された。

見学編.(※1)と“アレ(※2)”の使い方


 個室は全部で4、5部屋ほど。平均より若干少ない部屋数だ。これだと混雑時などは待ち時間が増えるかもしれない。

 テンションも高く、いよいよ個室に入ると…まず驚いた!
 他の見学店には無い“アレ”が設置されていたからだ。一瞬何に使うのか分からなかったが、位置と形状を把握し、使い方を理解した。

 室内は壁とカーテンによって仕切られており、“個室度”は高い。広さもリフレを想定しているので、余裕で寝転がれる大きさだ。見学店の中ではかなり快適な造りになっている。
 1つ難点として、座椅子などは置かれていないため、腰痛持ちの方は気を付けて頂きたい。

 早速マジックミラー越しに嬢ルームを覗くと、約8~10人が待機していた。多い…。オープン初日のため、女の子が右から左まで詰まっている。

 そうしているうち、嬢が突然目の前に来てタイマーをセットし始めた。

(ん?指名してないぞ…)

 なんとこの店はローテーション制、嬢が勝手に次々と来るシステムなのだ。これが花びら大回転というやつかっ!

「○番××(嬢名)です。よろしくお願いします!」

 パフォーマンスが始まると、例の“アレ”と(※1)がいきなり大活躍する。
 嬢が“アレ”の上に腰を掛ける…。

(おぉ~……すげえ…)

 平面とは違った4次元的な光景が目の前に広がるっ!
 前後左右と堪能するとタイマーが鳴った。

 1人3分程度の持ち時間で、すぐさま次の嬢が来る。

「×番△△(嬢名)です。よろしくおねがいしま~す」

 受付にあった出勤表をちゃっかり撮っていた筆者は、すかさず番号から“現役”かどうかを確認する!

(×番は…キタッ現役JKだっ!!!)

 そして嬢が“アレ”の上に乗ると、(※1)を点ける筆者。

(おお~…やはり女子高生のお尻は一味も二味も違う!)

 共感して頂けるだろうか。

 加えて動きがギコチなく、恥じらいがある。時々、照れ隠しの様にハニカミながら視線を逸らす姿は何とも言えない。
 コウノトリを信じる無垢な少女に無修正動画を突きつける時に似t(自主規制)
 息子さん耐えてください。

 忘れて久しい、「見てはイケナイものを見ている」という感覚を激しく呼び覚ましてくれる。
 そしてこの店、マジックミラーが透けているのか、こちらの姿もかなり見えている(と思う)。
 更に“アレ”と(※1)を活用すれば、ハッキリと「見られている感覚」を嬢に与えることが出来る。
 他の見学店には無い感覚を是非味わって欲しい。

 その後も3、4人を堪能し、見学タイムは終了。次はリフレをお願いする嬢を選ぶ。
 ここで注意しておきたいのは、指名したい嬢が他の客に付いている場合、その間は待つことが出来ないという事。すなわち、見学からリフレへの連続性が求められるのだ。ここが見学&リフレのハイブリット店、「G」のデメリットである。

 筆者は忘れていた感覚を追及すべく、体験入店の嬢を指名しようとしたのだが、残念ながら先客に取られていたため、2番目に反応の良かった現役JK「R」ちゃんを指名することにした。

リフレ編.「見学&リフレ」の思わぬ効果


 個室で待つこと数分、Rちゃんがやって来た。

「失礼しまーす!こんばんは」
「見てもらってましたよね?すごく恥ずかしかったです…」


 Rちゃんはやや小柄で細め、あどけなさが残り、ふわふわとした可愛い印象だ。
 少しだけ染めた髪とザックリ着こなした制服は、リアルでバランスが良い。

「すごく見えてたよ~。恥ずかしがってたでしょ」
「え~だって…こういうところ初めてなので超恥ずかしいですよ」

 会話を進めていると…その瞬間はあまりにも唐突に訪れた。





「…どうしたら上手く興奮させられますかねぇ?」





(な…ん…だと!?どうすれば興奮させられるか…だと!!!??)

 Rちゃん…そんな幼い表情でなんて大胆な質問をするんだっ!!
 このビンビンに立ったフラグは確実に回収しなければならない。

「あ~じゃ~…はい!脚開いてみて!」
「は~い、こうですか?」

 息子さんまだ耐えてください。

 なるほど、「見学&リフレ」にはこんなメリットがあったのか。
「既に見ている」という共通項は、初対面の緊張感や話題など、様々なステップを飛ばす効果を生むのだ。

オプション編.「ハグ」を選択、ハプニング発生


 通常のリフレには無いスタートラインの近さを感じていると、オプションの話になった。
 メニュー表にはいくつかのオプションもあるが、同業から少しずつパクって同業を参考にしているためか個性に乏しい。この辺りは経営努力やアイディアが求められるだろう。

オプション

ハグ・ビンタ・キック/1,000円
馬乗りリフレ・逆リフレ/2,000円

※各オプションの時間は記載なし。コスプレも「ある」とのことだが、肝心の衣装写真が無い。

 筆者は定番中の定番「ハグ」を選択。出会いを記念してのグローバルな挨拶である。

「いいですよ!ありがとうございます!(超笑顔)」

 いやぁもう…いくらでも払いたくなるが、そこはメニュー表通りの1,000円をお支払いする。
 ちなみに、オプションは全額バックされるそうだ。そのほうが筆者も出す甲斐がある。

 ハグをするとRちゃんの華奢さが直に伝わってくる。また、JK特有のいい香りがして息子さんに働きかける。

 抱き寄せるために力を入れたところ、筆者の手がお尻を鷲掴みにしてしまう。収まりが良く数回揉んでしまったが、Rちゃんは少し恥ずかしがり、目を伏せただけで嫌がる様子は無い。

「はい、ありがとう」

 頭をポンポンと撫でて手を離した。

「ふぅぁ~、ありがとうございました。緊張しますねっ」

 少し赤面した表情が印象的だった。

 クールダウンも兼ねて日常会話を楽しんでいると、タイマーが鳴り時間終了。
 Rちゃんのお見送りを受けながら退店した。

総括

 筆者もあまり経験の無いハイブリット店であったが、とても有意義な時間を過ごすことが出来た。

 現在の「G」はオープン間もなく、他店経験者と未経験者がハッキリ分かる。7割程度は未経験者という見立てだ。
 体入(体験入店)、準体入のような嬢も多く見受けられ、リフレでは客が主導権を握れる利点がある。もっとも、これは嬢がすれてしまうまでの限定的なものだ。
 とは言え、嬢の嫌がるような事や、メニュー以外の事はくれぐれも要求してはならない。

 一度の来店で2種のサービスを受ける「見学&リフレ」コースの場合、どうしても時間が必要になる。諸々を含めると2時間弱は欲しい。
 時間のある際に来店したほうが、余裕を持って楽しめるだろう。

 また、度重なる新鮮なハプニングにより息子さんの耐久力は限界を迎えたが、一部の見学店に常備されているティッシュや清掃グッズなどは無い。事を済ませるなら、退出時に何らかの処理が必要な点を留意して頂きたい。



シコシコ…ああっ、いいお、いいお尻だお…シコシコ
シコシコ…そろそろイクお……ウッ!
ヤる夫(笑顔)
管理人の知り合いのブログによると、“アレ”に乗ると客の個室内が丸見えになるそうだぞ
嬢を見ながらオナった客は、このレポートを読んで赤面してるかもなwww
ヤらない夫









ヤる夫(なんだってー)
探せるヒント池袋駅東口から徒歩数分、1階が塩ラーメン屋のビル4階。

Check店舗情報・伏字部分は『公式メルマガ』で公開中!

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

JK見学&リフレのハイブリット店、池袋「G」の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top