EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】上手い自己紹介文を書くコツとは?

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【出会い系サイト】上手い自己紹介文を書くコツとは?

【EGweb】運営者江川

 さあ、当記事ではいよいよプロフィールの自己紹介文を書いていきます。

 写真はもちろん重要ですが、あなたの魅力を具体的にアピールするためには文章も欠かせません。

 出会い系サイトにおいては、文章力も決して馬鹿にできないスキルなのです。

「どういう文章を書けばいいの?」「どういう内容なら女の子の目を引くの?」

 これらは出会い系サイトを利用し始めた男性なら、誰でも頭を悩ませる問題です。

 もちろん僕も、自己紹介文を書くときはとても悩みます。

 なぜなら、書き方1つで印象がガラリと変わってしまうからです。

 僕が出会い系サイト初心者だった頃は、深く考えずに自己紹介文を書き、ひたすら女の子のメールを待っていました。

 しかし、いくら待っても連絡が一切こなかったのです。

「なにがダメなんだろう?」と考えぬき、ふと文章をサラッと書き換えてみました。

 自己紹介文の方向性はそのままで、文章の出だしや言い回しなどを少し変えたくらいです。

 すると、今までまったく音沙汰がなかったのに、女の子からのメールが明らかに増えていきました。

 その時ほど、文章の重要さを痛感した瞬間はありませんでした。

 しかし、こうした事実にいまだに気づいていない男性が、出会い系サイトにはたくさんいらっしゃいます。

 まずはザーッとでいいので、他の男性会員の自己紹介文を見てまわりましょう。

 会員によっては「この人は本当に出会う気があるのか?」と思うほど、適当な文章を書いていることもあります。

 自己紹介文で他の男性との差をつけることは非常に重要で、内容次第で女の子の注目を浴びやすくなります。

 簡単なようで意外に難しいのが、自己紹介文です。

 文章をしっかりと書くことによって、出会いの大きなチャンスへの道が開けるのです。

自己紹介文の基本


 出会い系サイトにおいて、男性の書いている文章にはいくつかのパターンがあります。

①元気で優しい感じの文章で始まり、明るくフレンドリーな雰囲気を演出する。

例:「はじめまして☆見てくださった方ありがとうございます!!」

②何の脈絡もなく、淡々と自分のことを語り出す。

例:「東京に在住してます、職業は教師をしています」

 自己紹介文のパターンは、大きく分けてこの2つです。

 細かく分類するとキリがありませんので、ここでは割愛させて頂きます。

 さて、これらの文章の書き出しに注目してみて下さい。

 もしあなたが、これらの自己紹介文を見たとしたら、それぞれどう感じるでしょうか?

 はフレンドリーな印象を与え、抵抗なく引き込まれる書き出しとなっています。

 しかしその反面、はどうでしょうか?

 プロフィールのページを開いた瞬間に自分のことを語り出している…。

 これでは、とても事務的な印象を受けませんか?

 いきなり、自分の住んでいる地域や職業を語られても困りますし、かなり必死な印象も受けてしまいます。

 ですから、ここでの模範解答はとなります。

 のようにフレンドリーな雰囲気を出しつつ、わかりやすく具体的に自己紹介していきましょう。

 ここで気をつけて頂きたいのは、「自己紹介文を見た女の子とあなたは他人」だということです。

 そのため、あなたが考えている親しみやすい文章も、相手によっては馴れ馴れしい印象を受け、逆効果となってしまう場合があります。

 例:「ウィッス!見てくれた人アリガト~(^皿^)」

 出会い系サイトで出会うためには、自己紹介文に「誠実さ・親しみやすさ」の要素を盛り込むことが大切です。

職業や趣味を書こう


 次に、あなたの性格や趣味、今現在どんな職業に就いているかなどを書いていきましょう。

 もちろんこれらの項目は、女の子たちが最も注目する部分でもあります。

 言うなれば、この内容で彼女たちはあなたを品定めするわけです。

 そのため、女の子の立場になって、わかりやすく慎重に書いていきましょう。

 では、今回もいくつかのパターンにわけて分析していきましょう。

①「性格はとても明るいですが、引っ込み思案だったり(笑)趣味は音楽です!」
②「仕事はサラリーマンで土日が休みです!スポーツが大好きです!後はカラオケが好きかなー、一緒に歌いましょー♪」
③「お笑いなどのバラエティー番組を見るのが大好きです♪後は野球を見に行きます☆今度是非一緒に観戦しに行きませんか?巨人最高です!笑」

 さて、パターンを3つ挙げましたが、いかがでしょうか?

 まず①ですが、自分の性格の説明の仕方に注目してください。

「明るいですが、引っ込み思案」

 なにか矛盾を感じませんか?

 引っ込み思案は、積極的に人前に出たり、行動を起こすことができないことを指します。

 それにも関わらず、書き出しでは性格が明るいと言っています。

 そのため、女の子からすれば「この人は結局どんな人なの?」と考えてしまうのです。

 友人や知り合いならともかく、赤の他人が得体の知れない人とわざわざ会ってくれるでしょうか?

 普通に考えても、その可能性はほとんどないと想像できます。

 自分の性格を詳しく書いていくことは大変良いことなのですが、明らかな矛盾だけはなくしておきましょう。

 次に②ですが、かなりフレンドリーな感じが出ていますよね。

 雰囲気は悪くないですが、これだと女の子はあなたに興味は持ってくれても、会おうとまでは思わないでしょう。

 それはなぜだと思いますか?

 実は、②は①と共通して言える点があるんです。

 それは、「趣味の説明が曖昧」だということです。

 趣味は『音楽・スポーツ観戦・カラオケ』など非常に多くありますが、たとえば音楽ひとつとっても、そのジャンルは様々なものがあります。

 そしてジャンルによっては、嫌いな音楽がある女の子も当然いるでしょう。

 もし洋楽好きなあなたと、「洋楽だけはどうしても嫌い」という女の子が出会ってしまったら…?

 想像するだけで、かなり切ないものがあります(笑)

 最後に③ですが、僕はこの文章はとても惹き付けられるパターンだと考えています。

 とくに趣味の説明が、具体的でわかりやすいとは思いませんか?

「テレビが好き」ではなく「バラエティーが好き」だと明確に言うことで、同じ分野が好きな女の子は「この人とは話が合いそう」と考えるわけです。

 女の子は知らない男性と会うとき、必ず不安に思うことがあります。

 それは、「もし話や性格が合わない人だったら疲れそう」というものです。

 事前に「自分は○○な人」と女の子にわかりやすく伝えることは、返信率を高める大きな要素になります。

自己紹介文のテクニック


 出会い系サイトによっては自己紹介文だけでなく、様々な情報を入力するスペースがあります。

 たとえば…

未婚か既婚か?

タバコを吸うかどうか?

お酒を呑むかどうか?

 女の子はこういった細かい情報を、意外にもチェックしていない傾向があるのです。

 以前、僕にはこのようなことがありました。

 僕はタバコを吸うことを自己紹介文で触れていたのですが、相手の女の子はメールのやり取りで、そのことに一切触れてきませんでした。

 僕は喫煙者ですが、そのときはタバコを吸わない女の子と出会いたかったのです。

 そして実際に出会い系サイトで、非喫煙者の娘と出会うことができたのですが…。

 彼女はもちろん僕がタバコを吸うことを知っているだろうと思い、食事の際にタバコに火をつけました。

 その瞬間、「タバコ吸うの!?え、ちょっとそういう人無理!」と言われ、女の子は席を離れて華麗に立ち去ってしまいました…(笑)

 案の定その娘は、タバコの項目をよく見ていなかったようでした。

 僕はそれ以来、自己紹介文には「タバコを吸いますが、苦手な方は遠慮なく言ってください」などの文章を添えるようにしています。

 上記はかなりのレアケースですが、女の子への気遣いには十分に気をつけましょう。

 また、女の子はインパクトがあるものや、特別なものに惹かれる傾向があります。

 これは僕の経験則ですが、そこは自信を持って言えます。

 たとえば…

①「ディズニーランドが大好きです!よく遊びに行きます!」
②「ディズニーランドが大好きで、年間パスポートも持ってます!」

 ②のように限定要素を盛り込んだほうが、女の子の返信率は高くなります。

 ①の文章ですと、どのくらいの頻度で遊びに行くのかが曖昧ですし、ディズニーランドの好き度合いもわからないですよね?

 しかし②の場合、「パスポートを持つくらいディズニーが好きなんだ!」ということは簡単に想像できます。

 ディズニーランドが好きな女の子にとっては、このくらいインパクトがあるほうが好まれるでしょう。

 たとえばあなたは、誰にも負けないような特技や技能を持っていませんか?

 それは何でもかまいませんし、女の子に好まれやすいことでなくとも良いのです。

 僕の友人には、ゲームソフトをコレクションしていることを強烈にアピールした男性がいますが、「ゲーム好きな女性からのメールが結構あった」と言っていました。    

 このように、どんなジャンルでも何かに特化していることがあれば、そこに惹かれる女の子は意外といるものなのです。

自己紹介文の〆(締め)


 ここまでお読み頂いたなら、理想の自己紹介文が大体できあがったのではないでしょうか?

 さて、そろそろ締めの言葉を入れてみましょう。

「終わり良ければ全て良し」ということわざがありますが、自己紹介文にも同じことが言えます。

 たとえそれまでの文章が良くなかったとしても(限度がありますが)、締めの言葉だけで好印象につながることも多々あるのです。

 それでは、恒例のパターン分析に入りましょう。

①「連絡待ってます、よろしくお願いします」
②「メール頂いたらすぐに返事します!」
③「早く連絡欲しいなー、絶対損はさせません!」
④「仲良くなったら一緒に遊びに行きましょう」

 ①ですが、このパターンが最も多く使われている締めです。

 他コンテンツでも述べましたが、いったい何をよろしくすればいいのでしょうか?

 定番といえば定番なんですが、この部分を重要視してないために書いてしまう適当な言葉です。

 そのため、様々な自己紹介文で多く使われているのでしょう。

 と言うことは、逆に考えるとこれがチャンスにもなります。

 自己紹介文の締めで差をつけることで、女の子からメールをもらえる確率を高めることができるのですから。

 次に②ですが、まあ及第点と言ったところでしょうか。

 女の子からすれば、興味があるからこそあなたに連絡を取るのです。

 つまり、あなたに対して何らかの期待を抱いているわけです。

 次のステップに進むためにも、ここは素早く返信して高評価を得たいところですね。

 その点をアピールするのは良いですが、これだけで満足して文章を締めるパターンが多いことも事実です。

 そして③ですが、この文章の締め方はとても他人行儀な感じがしませんか?

 まるで、無差別に定型文を大量送信するスパムメールのようです。

 女の子はこういった部分に敏感ですので、とても機械的な印象を与えてしまいます。

 最後に④ですが、実はこの締めは、僕が今も基本としている自己紹介文の終わり方の1つです。

 出会い系サイトで出会うということは、女の子にとっては多少なりとも恐怖心があるもの。

 そこを的確に感じ取り、ワンクッション置いて「仲良くなったら」という言葉を入れていますよね?

 こういった柔らかい誠実な言葉づかいに、女の子は安心感を得るのです。

 さて、いかがでしたでしょうか?

 締めの言葉というのは、あなたが女の子に一番強い印象を与える部分でもあります。

 だからこそ、「終わり良ければ全て良し」ということわざも存在するのです。

 女の子はざっと自己紹介文を読み、そこから受ける印象で「会う・会わない」を決めます。

 出会う確率を高めるためにも、締めの言葉はないがしろにできないのです。

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

3.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top