EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

まさに男の夢!?セフレが家に押しかけてきた話

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
まさに男の夢!?セフレが家に押しかけてきた話

ライターDH

 セフレが家に押しかけてくると聞くと、『無料のデリヘルのようなもので最高じゃないか!』と思うかもしれない。

 しかし、私の場合は状況が違った。

家出してきた


 新しい彼女ができ、新しい仕事にもようやく慣れてきた頃だった。
 当時は大体仕事が21時終わりで、帰宅すると22時。
 ある日、そんな時間に家の前に着いたとき、マンションの入り口に見覚えのある女性が立っていた。
 しかも、私が気付くよりも先に私に気付いていたようで、こちらをじっと見ていた。
 それがセフレであると気付くのにそう時間は掛からなかった。

 だがセフレと言っても元セフレで、既に連絡を取らなくなってから1年以上が経過していた。
 出会い系サイトで知り合い、Eカップの巨乳に惹かれて、しばらく体の関係を続けるうちにセフレになったが、徐々にプライベートに干渉してくるようになったため、自然と距離を取るようになった子だった。
 そのため、『もしや恨んで来たのでは』と一瞬ドキッとしてしまった。

 内心ドキドキしながらも「どうした?」と聞くと、彼女は俯きながらこう言った。

「家出してきた」

 彼女の足元を見ると確かに大きめのバッグが置かれていて、家出少女風の格好をしていた(と言っても彼女は既に20歳なのだが)。

 当時の季節は冬、この寒空の中帰らせるのも酷かと思った私は、とりあえず家に上げて話を聞くことに。
 聞くと1週間前から既に家出をしていて、しばらく友人の家に泊めてもらっていたが、友人と喧嘩になりしぶしぶ出てきたらしい。
 そして、もう行くあてがなく私の家を思い出してここまで来たということだった。
 選択肢の1つにそんな当然のように挙げないでほしいものだが(笑)
 もし私が出張などで、しばらく家を空けることになっていた場合はどうしたのだろうか。
 セフレは前にしていた仕事も辞めて、今はニートのような状態らしい。
 とりあえず実家に戻ることを勧めたが、彼女がどうしても帰りたがらないため、実家に電話して明日帰ることを条件に一泊することを許した。

 既に新しい彼女がおり、セフレに手を出すつもりのない私は(勿論ムラムラはしたが。笑)、床に布団を敷きセフレをそこで寝させることに。
 ご飯を食べていなかったらしいので、適当にカップ麺を与え、0時に就寝。

 朝7時に起きて、まだ起きようとしないセフレを起こして一緒に家を出る。
 セフレにちゃんと家に帰るように念押しをして会社へ向かう。

(まったく朝から何やってんだか。もうこんな厄介事に巻き込まれるのはごめんだ)

 しかし、その厄介事はまだ終わっていなかった(笑)

【卒業】童貞だけどネットで会った女とセクロスしたったwww
であ速

ちゃんと家に帰れよ!


 その日も仕事を21時に終え、22時に家に着くと見覚えのある人影が…。

 いや、マジで何やってんの?(笑)

 私が口を開く前にセフレの方から「実家に戻ったけど、両親が旅行に行ってて鍵を持ってないから中に入れなかった」とか何とか言ってきた。
 どう考えても嘘なので、ここは強く出ねばと「昨日だけって約束だったから今日は泊めないよ」と言って実家にその場で電話させる。
 しばらくためらっていたが、しぶしぶ家に電話を掛けるセフレ。
 すると、電話をしながら途中で泣き出す始末。
 結局「明日帰る。今日だけ泊めてほしい」とか言い出した。
「本当に今日が最後だから。明日来ても絶対に泊めないからな」と強く言って、疲れていた私は彼女を家に招き入れ、先に寝ることにした。
 翌朝も同じで、私が会社に行くタイミングで彼女を起こし、「ちゃんと家に帰れよ!」と言って追い出した。

 しかし、「二度あることは三度ある」という言葉は本当で、まさかの3日目もセフレは家の前に立っていた。
 もう本当に無視して家に入ってやろうかと思ったが、「で、今日は何?」と一応聞く。
 聞くと今度は、家には入ったが母親と喧嘩になってまた出て来たということだった。
『1回家に帰ったら家出がリセットされるわけじゃねーぞ!』と思いながらも、仕事終わりな上に余計なことで疲れさせてほしくない私は、とりあえず冷静になって実家に電話をさせる。
 ちゃんとその場で、明日は家に帰ること、私の家に来ないことを約束させ、何なら私が電話を変わって迷惑している旨を伝える覚悟だった。

 その晩は泊めたものの、翌日、セフレの姿はなかった。
 本当にいないか家の周りを少し探してしまったくらいだった(笑)
 ちゃんと家に帰ったのか、あるいは別の友人の家に押しかけることに成功したのかは分からないが、それから今までセフレは家に来ていない。
 どうしているかと連絡しようとも思ったが、それがきっかけでまた家に押しかけられては困るので、連絡は取っていない。

 その数日間、セフレと何もなかったとは言え、セフレが家に押しかけてきたことは勿論、新しい彼女には言っていない(笑)
 彼女に変な疑いを掛けられる前に、この騒動が集結して安堵している。
 この出来事が起こっている間、会社の同僚に相談したのだが、「羨ましい」だの「俺の家に来るように言ってくれ」だの言うばかりだった。
 だが当事者になってみると、ただただ疲れるばかりなので、もう今後は勘弁願いたい。



可愛い子なら何日でも泊めるけど、ブサイクは門前払いだお!
ヤる夫(キリッ)
お前「女は穴で決まる」とか言ってただろ
ヤらない夫(ティータイム)
続編「なんで俺が…」セフレの母親との仁義なき電話バトル

出会い系ド素人の俺氏が女の子を口説いた方法を晒すwww
俺氏が実践した出会い攻略@体験談

4.0 rating

この記事の著者

職業:自営業期待の新星DH
大好きだった彼女に振られ、己の恋愛経験の浅さに気付き出会い系を始める。
飲み屋からホテルへの流れは自信があります。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top