EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【裏風俗ルポ】沖縄ちょんの間地帯「前原社交街」

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【裏風俗ルポ】沖縄ちょんの間地帯「前原社交街」

執筆者30代半ばの男性

 30歳からの肉食男子なら、一度は行ったことがある社交街。
 そこには、春をひさぐ女の姿があった。

 沖縄にある「ちょんの間」は、15分5千円という割高料金で遊べる観光スポットだ。
 地元では、彼女がいない学生にとって、恰好の童貞喪失の場として重宝されている。

 赤い照明に彩られた店が、5、60軒近く並んでいる。
 店先には女性が座っていて、彼女らがそのまま接客してくれる。

「どうぞ~」と声をかけまくる女性もいれば、黙ってニッコリ微笑む美女もいる。
 全員が私服姿で、コギャル風、Tシャツ、ミニスカートと様々だ。

 何人もの男たちが、店前をブラブラ歩いたり、車やタクシーの窓から覗いて品定めをしている。
 誰もが興味深々で、『どの店にしようか…』というドキドキ感を楽しんでいるようだ。
 接客中の女性は一戦交えた後、再び店先に出向いてくるため、中級者は何度もウロついてオンナを選ぶ。

 それらの店は一応、カウンター形式の飲み屋ではあるが、飲んでいる人はほとんどいない。
 以前、詳しい話を聞かず、とびきりの美女を選んで入ってみたことがある。

「胸タッチNG」って拷問ですか


「料金は1万円です。時間は20分くらい」

 年齢は26歳らしい。

「ちょんの間」店内1 通されたのは2畳ほどの真っ赤な個室。
 彼女はいったん外出し、バスタオル1枚で戻ってきた。
「じゃあ脱いで下さい」と言われ全裸に。

 股間を清掃すると、すぐに女性はベッドに寝転んだ。

 バスタオルを外そうと手を出すと、「胸タッチはダメです」と拒否される。

(げげっ、なんやそれ?)

 彼女は股を広げているが、胸にはバスタオルを巻いたままである。
 それだけで股間は萎えてしまった。
 何せ風俗遊びで、ノータッチなんてありえない。
 こんな態度では商売にもなるまい。
 怒りが込み上げてきたが、とりあえず欲望の赴くままに頂いた。

(ゆるい……。ゆるゆるじゃんか……)

 あまりにも事務的な一戦に興奮度は上昇せず、途中で萎えてしまい、とうとう不発に終わってしまった。

(ああ、金返せ~!)

「ちょんの間」はこんなにサービスが悪いのだろうか?

かわいいギャルのおかげで無事に昇天


 下半身に充満した欲望は、怒りへと転化していく。
 悔しいのでもう1軒だけチャレンジしてみる。
 好奇心とスケベ根性、そして直感で店を選んだ。

 今度は若いギャル、身長は150センチほどで実にかわいい。
 先ほどは見なかったから、おそらく接客していたのだろう。
 視線が合うと、彼女はにっこり微笑んだ。
 店の中に入り、まず年齢を確認する。

 彼女は20歳らしい。

「ちょんの間」店内2「この仕事は最近なの。地元じゃないよ。観光で来てたけど、お金がなくなったので…お兄さんは地元?真栄原は遅くまで営業してるよ。でも、最近はちょっと暇みたい。昔は外国人のお客さんがいっぱい来てたみたい。そういう場所やったって聞いてるけど。今、真栄原ではコスプレが流行っているよ」


 明るい性格の子らしく、よく喋る。
 彼女は個室で全裸になった。
 肌は若々しく、乳房も豊かに張っている。

「うふふ、今日は楽しもうね♥」

 そう呟いた彼女は、息子を消毒液で軽く拭き、すぐに生尺をしてくれた。

(さっきの女とはえらい違いだな…)

 そんなことを意識しながらも、欲望が息子の先端を駆け抜け、一挙に昇天する。

「あ、ああ~ん」

 強く抱き合い、腰を激しく振った。
 締まり具合も良く最高の摩擦感だ。
 ここも値段は1万円である。

 知人が言うには、

「真栄原は、女の子によってサービスがかなり違う。基本的には個人営業やからね。
 当たったギャルによっては、3段階の値段がある。
 5千円だとお触りなしの本番、1万円で普通の本番、1万5千円でフェラ付きの本番、2万円でナマ本番。
 もちろん俺はナマ本番で中出しやけどね(笑)」

だそうである。

 先に知っておきたかった情報だ。

真栄原社交街 2010年7月、売春根絶の狙いで、真栄原社交街の看板が撤去された。
 ちょんの間は5店舗以下にまで減少し、軒並み壊滅してしまった。
 沖縄市照屋の吉原も同様の状況となっている。

 残されたちょんの間は、那覇の栄町、神里原、与儀、前島などで細々と続いているものの、前島以外はover60'sの妖怪屋敷に招かれる恐怖を味わう事になる。
 熟女(老婆?)好きにはたまらないだろうが、私はまだその域に至っていない。

拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top