EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【閲覧注意】女を人間扱いするな!「紹介制肉便器サークル」

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
【閲覧注意】女を人間扱いするな!「紹介制肉便器サークル」

当記事にはショッキングな内容が含まれています。そのような表現に耐性の無い方は、絶対に閲覧しないでください。

読者投稿50代前半の男性

 数年前のことですが、私の実体験を書いていきます。
 このイベントの是非を問うものではありません。
 あくまでも体験談としてご理解ください。


 重い扉を開け、暗がりに目が慣れると、そこには異様な光景が広がっていた。
 5、6人の全裸の女が、四つん這いの体勢で、尻を高く掲げて後ろ向きに並んでいる。
 ほの暗い灯りに照らされ、まるで蠢くような女性器だけが妖しく浮かび上がり、そこは既にぬらぬらと光っているように見えた。
 彼女たちは、期待か不安か、小刻みに震えている。

 イベントの男性参加者は30人ほど。
 全員が集まるとスタジオの扉は閉められ、主宰者からの説明が始まった。

「今日のテーマは、『肉便器』です。女を人間と認めず、その性器を、ただ穴として使うこと。それだけです。男性の皆さんは、好きなだけ、好きな穴をお使いください」

 ルールは、女に話しかけないこと(人間扱いをしないこと)、女の身体に傷を付けないこと、必ずゴムを着用すること。
 その他はマナーとして爪を切り、一戦ごとにシャワーを浴びることくらいだろうか。

 主宰者が開始を宣言すると、シャワーを浴び終わった男から順に、女の身体に群がり寄った。
 1人の女を3、4人の男が取り囲み、乳を嬲り、尻を撫でまわし、性器を広げている。
 その横の女は既に後ろから挿入され、別の男に口を使われている。
 向こう側では、仰向けにされた女に男が覆いかぶさり、正常位で激しく腰を振っている。
 話し声ひとつしない。男たちは誰もが無言だ。
 ただ女の喘ぐ声だけが、いつ終わるともなくスタジオに響いていた。

 イベントの主宰者と私は友人だった。
 私はSM系、彼は複数プレイ系、そこに違いはあれど、同じ変態仲間で年齢も私と変わらない。
 たまたま都内のハプバー(ハプニングバー)で同席した際、「こんな企画があるんだが、参加しないか」と誘われた。
 彼が主宰しているのは、あくまでも営利性の無いサークルだ。
 このイベントも、実費を男性参加者で頭割りするわけだから、せいぜい負担するのは1人5,000円程度だろう。
 もちろん、女にもギャラなどは発生しない。
 女も皆、イベントの主旨に賛同して集まったのだ。

 その代わり、参加者は厳しく吟味されている。
 参加するためには、サークル所属者の紹介が必要だ。
 もしルールを破れば、紹介者も責任を取って退会しなければならないのだから、「ただの知り合い」というレベルでは紹介できない。
 互いに秘密を共有し、大人の遊びを理解できる“仲間”であることが求められる。

 宴も酣となり、剛の者は2度目、3度目に取り掛かっている。
 そうでない者は休息を取り、自らの肉棒の回復を待っている。
 狂い出した女の呻きと嬌声が木霊するスタジオに、女の淫水と男の精液の匂いが充満してきた。
 傍らで女の尻を抱える主宰者に目配せし、私も席を立つ。
 さて、そろそろ取り掛かるか。

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top