EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【タイ風俗遠征記】最終スポット.日本人好みの嬢が多数在籍!タイNo.1のゴーゴーバー、『ナナプラザ』で意気消沈wwwww

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【タイ風俗遠征記】最終スポット.日本人好みの嬢が多数在籍!タイNo.1のゴーゴーバー、『ナナプラザ』で意気消沈wwwww

ライターよっくん

 皆さんこんばんは!「よっくん」です。
 最終回となる【タイ風俗遠征記】は、お持ち帰りをしなかった「ゴーゴーバー(出会いバー)」についてご紹介します。

 タイで1番有名なゴーゴーバーは、『ナナプラザ』です。
 日本人からの人気も高く、『ソイカウボーイ』よりも知名度があります。
スポット1『ソイカウボーイ』のゴーゴーバーで、“フルカスタム女子”をお持ち帰りした結果wwwww

そもそも『ナナプラザ』って何よ?


『ナナプラザ』ネオンサイン
『ナナプラザ』はBTS(バンコク都心を走る高架鉄道)のナナ駅東側に位置し、ゴーゴーバーが大量に入居するアパートのような建物です。
 周囲にはホテルも沢山ありますが、女の子をお持ち帰りする際は「ナナホテル」が良いでしょう。
 1泊3,000円程度の安宿なので、気軽に利用することが出来ます。

 ただし、(ナナホテルの)施設面はかなり古く、薄気味悪さすら感じますww
 バスタブも設置されていますが、何せ昔の旅館のような雰囲気の為、気になる方はやめておいたほうが無難です。

 ナナプラザの女の子は、ナナホテルなら2,500バーツ(1バーツ=約3.3円)の定額料金にてペイバー(連れ出し)が可能です。
 逆に遠いホテルへお持ち帰りする場合は、増額となりますので注意して下さい。
 その他、ナナプラザ内にある簡易ホテルの利用を促されるなど、事前にある程度の計画を立てる必要があります。

大本命の『レインボー4』は、ドリンク・チップ攻撃にゲンナリ…


『レインボー4』ネオンサイン
 ナナプラザには、本当に数多くのゴーゴーバーが入居しています。
 その中でも鉄板なのが、『レインボー4』です。

 まずはナナプラザの正門を抜け、プラザ入口右側にあるエスカレーターに乗り、2階へと移動しましょう。
 そのまま通路沿いに歩くと、奥側にレインボー4があります。

 ここには、日本人好みの顔にカスタムされた女の子が多数在籍しています。
 ただし、ゴーゴーバーに居る巨乳は基本的に偽物なので注意しましょう…w

『レインボー4』外観1  今回はレインボー4ではなく、レインボー1に入りました。
 先輩方がいち早くレインボー4とレインボー2を堪能した後だった為、苦汁の選択ですw

 レインボー1は、1階の右側にあります。
 大きな看板が目印になるので分かりやすいです!

 入店時は、少なめの客入りに少し身構えました。
 案の定、奥の席に案内されるとドリンク攻めが始まりますw

女の子を呼んで!
あの子はどう?
いつドリンクを奢るの!?
 ナナプラザの特徴は、この強いドリンク・チップ攻勢のようです。
 専属のやり手ババアが付く為、ゆっくりとお酒を飲めませんし、落ち着いて女の子を選ぶことも出来ません…。
 個人的にこういう対応はイライラするので、ハッキリ言ってウザかったです。

 完全に酔いが冷めてしまい、そのままホテルへと戻りました…。

女の子をじっくり選びたいなら、『ソイカウボーイ』の利用が吉


『レインボー4』外観2
『ナナプラザ』を楽しむなら、やり手ババアを受け流すスルー能力が必須になります。
 まぁ向こうも商売なので、女の子を付けずにただ飲ませるだけでは利益になりません。

やり手ババア
早く女の子を付けて!
持ち帰ってもいいよ!
私にチップを置いて行って!
 こういう姿勢を前面に出してきます。

 チップは『ソイカウボーイ』でも要求されますが、ナナプラザのようなベッタリ営業ではありません。
 その為、「バカラ(ソイカウボーイ最大のゴーゴーバー)」のほうがゆっくり女の子を選ぶことが出来ます。
 ナナプラザは日本人好みの女の子が多い一方、セールス攻撃がかなり強い印象でした。

タイ風俗遠征を振り返り、導き出した結論とは?


 ここまで全4回に渡り、お付き合い頂きましてありがとうございます。
 最後に、タイ遠征を少しだけ振り返らせて下さい。

 結論から言えば…










日本の風俗が最強!!!!!

 コストパフォーマンスや女の子のサービス精神など、全てにおいてハイレベルです。
 もちろん、中には容姿や態度が最悪な女の子も存在しますが…。

 日本は、いい意味で競争原理が働きます。
 各店の人気がある女の子を選べば、“大型地雷”を踏む事は無いでしょう。

 タイの風俗は確かに安いのですが、実際は平均4,000バーツ~5,000バーツを支払いました。
 約13,000円~16,000円なら、日本の風俗と変わりません。
 異国情緒を味わい、多国籍な経験を積めるメリットはありますが、やはり日本の風俗がNo.1だと再認識した次第です。

 本当に日本の風俗嬢の皆様は凄い!
 これからも宜しくお願い致します(錯乱)

実際に訪れた方へ、アンケートにご協力下さい

『ナナプラザ』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top