EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

『優良出会い系サイト』を自在に使いこなす5つのノウハウ

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
『優良出会い系サイト』を自在に使いこなす5つのノウハウ

【EGweb】運営者江川

 男女の欲望が収束する出会い系サイトは、栄枯盛衰を繰り返している。

 世間一般的に、「詐欺」というマイナスイメージを持たれがちなのは、それだけ悪徳出会い系サイトの印象が強いという証拠だ。

 出会い系サイトの“闇”が深ければ深いほど、“光”が陰るのは自然の摂理。

【EGweb】では『超優良出会い系サイト』をご紹介しているが、これらは決して詐欺サイトなどではない。

 長年の運営実績がモノを言い、新規会員の参入とリピーターが尽きない優良出会い系サイトである。

 当ブログより登録して下さった方なら、1番共感できる事実だろう。

 さて今回は、そんな『優良出会い系サイトの活用ノウハウ』を執筆した。

 あなたが「どのような出会いを求めているか」を明確にし、それぞれに適したノウハウを利用してほしい。

最小限のコストで出会う方法


 優良出会い系サイトを利用するのなら、金額には大小あれど、必ず先行投資が必要だ。

 詐欺サイトのように、サクラからのメールが大量に届くことはなく、偽りの「モテモテ気分」を味わえることもない。

 良質な出会い系サイトにおいては、男性がじっと待っていても、女の子との接点はほとんど作れない。

 その反面、女の子の場合は、待機しているだけで多くのメールが届く。

 出会い系サイトに限らず、現実世界でも女性の「供給」が不足しているのだから、これは必然と言える。

「需要」では男性に勝ち目がないという点が、少し辛いところだ。

 だからこそ、男性のほうから積極的にアプローチしていく必要がある。

 それと同時に、『できるだけお金を使わずに出会いたい』と考える人もいるだろう。

 こちらでは、そんな出会いノウハウについて解説していく。

 優良出会い系サイトでは、原則として“競争社会”が待っている。

 少ない投資で女の子と出会いたいのなら、それほどサイト内ポイントは使えない。

 お金であなたの価値の底上げができない以上、その他の要素でライバルたちとの競争に勝ち抜かなければならない。

 言うなれば、「経済力」ではなく「総合力」が勝敗を分ける。

 これはリアルの出会いも同様だ。

 だが現実世界でモテないからといって、仮想世界でもモテないとは限らない。

 リアルでは貧乏、コミュ症、ファッションセンスに縁のない人間だったとしても、ネット上の「キャラクター」なら全くの別人に変貌できる。

 特有の知識とノウハウによって、あなたの魅力を高める方法はいくらでも存在するのだ。

 その中でも、優良出会い系サイトに特化したテクニックを紹介しよう。

プロフィールを充実させる


 近頃の出会い系サイトにおいて、自身のプロフィールを作成することは常識となっている。

 現実世界でも、プロフィール(自己紹介)は非常に重要な役割を果たす。

 プロフィールの充実度に比例して、あなたが異性に与えられる情報もどんどん増えていく。

 競争原理に打ち勝ち、素敵な出会いを求めたいのなら、この点は決しておろそかにするべきではない。

「地域・年齢・職業」などの基本情報はもちろん、その他の欄も、絶対に受かりたい企業用の履歴書のごとく記入し、アバターが設定できるようであれば、必ず見栄えのいいものを作ろう。

 顔写真の掲載については各自の判断に任せるが、ルックスに自信がなければ「ペットの写真(飼っていなければネット上で画像を拾う)」の利用をおススメする。

 動物好きな女の子は非常に多く、好印象を与えることができるのだ。

 その後の展開例としては、メールのやり取りである程度仲良くなってから、顔写真を添付して送れば逃しにくい。

 もちろん、イケメンなら顔を出してアピールするのが良い。

 どんな女性であれ、よほど変なことを書いていない限り、プロフィールくらいは覗いてくれるものだ。

 いずれにしろ、一度プロフィールを充実させてしまえば、次のステップへの移行が楽になる。

 最初の苦労が大きなリターンを生むと考え、完成度の高いプロフィール作りに努めよう。

日記を最大限に利用する


 優良出会い系サイトであれば、必ず日記機能が付いている。

「mixi・GREE・モバゲー」などのSNSの主要機能でもあり、ブログのような感覚で日記を書くことができる。

 本来、出会い系サイトに日記機能は必要ない。

 なぜなら、『メールを送る ⇒ 出会う』という2プロセスが本質であり、それ以外の交流手段は求められないからだ。

 だが現実では、そう上手くはいかない。

 男女の需要と供給のバランスに明確な差がある以上、パートナー候補を選別する1つの要素として、日記機能が実装されているのだ。

 要するに出会い系サイトとは、“出会えるSNS”なのである。

 そしてこの日記機能、かなり使い勝手が良い。

 全ての優良出会い系サイトにおいて、「日記を書く」、「日記を読む」、「コメントをする」ことは、いずれもポイントを消費しない。

 つまり、あなたが日記を書いたり、異性の日記にコメントをすることで、無料でアピールし放題というワケだ。

 出会い系サイトの日記といえば、アダルト系のイメージが強いかもしれないが、実はそうとは限らない。

 確かにアダルト日記は多いが、ごく日常的な内容も多く、書き手としても間口が広くて良い。

 リア友用のSNSなどで日記を書いている女の子が、そこでは書けないような内容を、出会い系サイトの日記に綴るケースもよく見かける。

 SNSではアダルト系の内容は削除されることが多く、リアルの友達が中心となっているため、「本当の自分」をさらけ出せないのだ。

 優良出会い系サイトの日記機能は、使い方しだいで思わぬ出会いを生む。

 これを活用しない手はないだろう。

 気になる相手の日記の読者になり、「日記友」や「コメ友」として交流し、長期的な視野で親密になっていく醍醐味を、ぜひとも堪能してみよう。

あなただけのメールを送る


 ネット上での女の子は、リアルに輪をかけてモテる。

 それが優良出会い系サイトにもなると、女の子に届くメールは膨大な数に上る。

 そのような状況下で、ただ「会いたい」、「遊びに行こう」などと書いても、返事が来るはずもない。

 ファーストメールの基本形は、「自己紹介文を簡潔に書き、相手に質問する」というパターンが王道だ。

 女の子からすれば、どこの馬の骨ともしれぬ相手からメールを貰っても不安なだけだし、一方的に相手のことだけを話されても返事のしようがない。

 また、会う前提のメールをすることは論外。

 援助交際や割り切りなど、金銭が絡む出会い以外での成立はありえない。

 もし相手がOKを出したとしたら、それはそれで相当ヤバい香りがする(笑)

 先ほどの王道パターンが基本だが、それをなぞりつつも、もうひとヒネリしてみよう。

 相手が出会い系サイトで日記を書いていたら、それに対する感想を書いたり(自分の日記の宣伝はするべきではない)、あえてあなたのディープな趣味や特技などの一面をチラリと晒すなどなど。

 おおむね女性側のプロフィールには簡素な内容が多く、『どういうメールを書けばいいんだ!?』と思うものが少なくない。

 そしてついつい、同じメール(テンプレート)を送りがちになってしまう。

 テンプレートを使うのは仕方ないが、やはりヒネった文章にするのが良い。

 たとえば、前半部分はテンプレート、後半部分は相手に適した内容を書くなどが挙げられる。

 ただし、あまりにも長いファーストメールは敬遠される傾向がある。

 詳細な自己紹介はプロフィールに任せ、メールはシンプルかつ必要最小限の内容に仕上げるのがベストだ。

「マメな人はモテる」という言葉は真実、メールの返信も早ければ早いほど良い。

 優良出会い系サイトにおいては、「プロフィール・日記・メール」の内容に最善を尽くそう。

気の合う友達の探し方


 出会い系サイトは、なにも身体の関係だけを求める場ではない。

 メル友はもちろん、趣味友や遊び友達などを探すこともできる。

 あなたがそのような出会いを求めているのなら、プロフィールの自己紹介文にはその旨をしっかり書き、「友達作り用」に特化することをおススメする。

 全ての優良出会い系サイトには日記機能が付いているため、自分で日記を書いたり、相手の日記にコメントをするなど、あなたが求めている「友達像」を呼びかける方法が有効だ。

「会う」という点を重視しないならば、優良出会い系サイトをSNSのように利用しても構わない。

 むしろ『ワクワクメール』の場合は、日記での交流がメインとなっている。

 気の合う友達が欲しいのなら、プロフィールに「友達像」をしっかり書き、「友達作り用」に特化させよう。

特殊な性癖に適した相手の探し方


 世の中には色々な趣味や嗜好を持った人たちが存在する。

 そのような人々にとって、出会い系サイトはまさに「利用価値アリ」と言える。

 当ブログでご紹介している『超優良出会い系サイト』では、掲示板に「アブノーマル」カテゴリーが設けられているため、それを利用するのがベストだ。

 出会い系サイト内では、実に様々な欲望が渦を巻いている。

 これは決して誇張表現などではなく、「性欲の終着駅」と言っても過言ではないほど。

 そこでは日夜、お互いにフィーリングの合う男女による出会いが繰り返されている。

 周囲には言えない欲求を解放できず、日々を悶々と過ごしている人はぜひ活用してほしい。

 特殊な性癖に適した相手を探すのなら、アブノーマル掲示板で募集をかけよう。

相手が18歳未満の児童だった場合の注意点


 世の中には、「若い女の子が好き」という男性は多く存在する。

 いわゆる「ロリコン」とまでは言えないものの、確かに若い年代の女の子には強い魅力がある。

 かくいう俺も軽度のロリコンで、今のところは10代~20代前半までが守備範囲だ(笑)

 優良出会い系サイトを上手く活用すれば、あなたが何歳であろうとも、通常では知り合えないような年代の女の子と出会える可能性がある。

 日常生活では決して交わらない人間と出会える。

 これが、ネットの出会いにおける大きなメリットの1つだ。

 さて、「出会い系サイト・若い女の子」、この2つのキーワードで真っ先に思い浮かぶのは、「援助交際」や「割り切り」という言葉ではないだろうか。

「援助交際をしてみたいけど、逮捕が怖い…」

 そのように考えている人は多いことだろう。

 よく勘違いされがちだが、『援助交際 = 逮捕』というワケではない。

 まずは基本として、『18歳未満の児童との性行為は逮捕される』ということを必ず覚えておこう。

 18歳未満の女の子との売買春は、「児童買春・児童ポルノ禁止法」によって逮捕されてしまう。

 いくら双方に合意がなされていようが、純粋な恋愛感情の延長線上であろうが、法律上18歳未満との性行為は禁止されている。

 正確には法律ではなく、各都道府県の自治体が制定している「青少年健全育成条例」によるものだ。

 いわゆる「淫行条例」によってしばしば報道されているのは、児童との関係を持ってしまったオトナたちの逮捕である。

 あなたもよくご存知のように、教育機関の教師や、社会的に地位の高い人物などが、実名入りで晒されている。

 これはまさしく「見せしめ」と言うべきもので、社会的制裁として凄まじい破壊力を持つことは間違いない。

 さて、ここで1つの疑問が浮かぶ。

 彼らはなぜ、児童との性行為が発覚したのだろうか。

 その理由として圧倒的に多いのは、18歳未満の少女の補導である。

 繁華街での深夜徘徊、組織的な売春(援デリ)やドラッグ使用などの犯罪行為に加担しているなどの理由から、大勢の少女たちが日夜補導されている。

 その際に警察は少女たちに事情聴取を行い、彼女たちの話や携帯電話の記録、交友関係などから、援助交際相手が浮かび上がってくるワケだ。

 電話番号やメルアドを教えずとも、サイト経由(出会い系サイトに限らない)で足がつく可能性もある。

 もし優良出会い系サイト内で、18歳未満と思われる少女を見つけたら…。

 以上の知識を踏まえれば、どのように対応すれば良いのかは自ずと分かるはずだ。

 18歳未満の児童とは絶対に性行為をしない。

 これは、援助交際で逮捕されないために、ダイヤモンドよりも固い鉄則だ。

女の子と確実に出会う方法


 優良出会い系サイトを使い始めたばかりの人にとっては、まず最初に思うことがあるはずだ。

 それは、「本当に会えるのかな?」という疑問である。

 確かに出会い系サイトには詐欺のイメージが強く、不安と好奇心も入り乱れる。

 だが実は、「ただ女の子と会うだけ」なら非常に簡単なのだ。

 「経済力」を利用するのである。

 優良出会い系サイトのアダルト掲示板を見ると、『割り切り』という単語が氾濫していることが分かる。

 出会い系サイトにおける割り切りとは、金銭を伴う関係を意味する。

 そのような関係を望むのなら、一切のテクニックは必要ない。

 あなたが気に入った相手に「割り切り希望」のメールを送り、条件が合えば女の子と待ち合わせをする。

 これだけで100%会える。

 非常に簡単ではあるが、風俗店に行くのと差異がないようにも感じるだろう。

 それでは、「割り切り」と「風俗店」の違いは何だろうか?

 まず1つ目は、時間制限の有無である。

 風俗店では料金に応じて時間制限があるものの、基本的に個人の割り切りでは定められていない。

 例外として、最初から時間制限を設ける相手もいることを覚えておこう。

 2つ目は、素人の女の子と会えることだ。

 割り切りをする女性は、様々な事情で援助交際を行っている。

「している」と言うよりも、「せざるをえない」と言ったほうが適切だ。

 たとえば、シングルマザー、売れない風俗嬢、何らかの理由で働き口を見つけられない女性などなど。

 ここでの例外は、出会い系サイトで組織的に売春を行う『援デリ業者』である。

 援デリ嬢は援助交際を「仕事」として行っているため、とてもではないが「素人」とは言えない。

 時短(プレイ時間が短い)かつサービスも劣悪、くれぐれも注意して頂きたい。

 しかし、中には素人の女の子が含まれていることも事実。

 掲示板で同じように「割り切り希望です」と書いてあったとしても、金がない学生から人肌が恋しいOL、退屈している主婦なども確実に存在する。

 すなわち、「プロ」ではなく「素人」を求める男性の需要が、割り切りの出会いを支えているのだ。

 どのような女性と出会いたいのかは人それぞれだが、ある程度の経済力と一般常識さえ持ち合わせていれば、すぐに会うことができる。

 速やかな出会いに割り切りは必須。

 これが、優良出会い系サイトにおける最終奥義だ。

最後に

≪『優良出会い系サイト』を自在に使いこなす5つのノウハウ≫はいかがだっただろうか?

 本来の出会い系サイトは、「少数の女性に対して男性が集まる」という構図になっている。

 だからこそ、求められるのは「効率的な出会い活動」なのだ。

 求める相手に適切なアプローチを仕掛けなければ、出会えないことは火を見るより明らか。

 この機会に、あなたの出会いのスタイルを見つめ直してみてほしい。

 その上で当ノウハウを活用すれば、優良出会い系サイトで素敵な相手に出会える確率はグーンと高まる。

 この記事が、出会いを切望する人々の役に立つことを切に願う。

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top