EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

“ニコ生出会い”のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
“ニコ生出会い”のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

【EGweb】運営者江川

「ニコ生は出会える」


 ニコ生を利用したことのない人にとっては信じられないだろうが、今やニコ動ユーザーの間では常識にまでなっている。

 ニコ生には、出会い厨(出会いを求める人)と呼ばれる人たちが非常に多く存在しているのだ。

 しかも年齢を問わず、様々なユーザー同士の出会い行為が、日常的に行われているのが現状。

 出会い目的ではないニコ生ユーザーの間では、皮肉を込めて「ニコ生は出会い厨の巣窟」とも言われているくらいである。

 たとえば、「27歳の男性生主が16歳の女子高生をオフ会でお持ち帰りした」という、とんでもない話がある。

 その女の子に対してわいせつ行為をしたのかは定かではないので、その男性の処分は不明だ。

 信じられないようであれば、以下のURLをご覧頂きたい。

Check【参照:ニコニコ生放送は出会いの巣窟だった! 19歳の女の子が妊娠させられる 】

 また、「女子中学生が初めて会った男性を家に招き入れ、放送内でキスをした」という、これまたとんでもない話もある。

 正直メチャクチャうらやましい話だが、常識的に考えてこういった事例は、生主のモラルの低さが露呈した結果と言えるだろう。

Check【参照:ニコ生で女子中学生がエロ配信 胸確認、勃起確認、ベロチューまでも・・・ 】

 ニコ生でJCやJKを含む、様々な女の子と仲良くなった生主は、ほとんどの人がリアルの出会いに向かうことになる。

 オフ会に持ち込み、リアルでの飲み会(もちろん未成年は飲酒禁止)や遊びなどの交流を通じて、より深く親密になっていく。

 そうしていると自然に、女の子と付き合ったり、エッチしたりといった関係に発展することも多くある。

 だが、嫌がってる女の子をしつこく口説いたり、無理やり性行為をせまったり、挙句の果てにはレイプなどの、人として最低なことをしている生主はそれ以上にいるのだ。

 上記の事例はあくまでも氷山の一角であり、表面化していないケースは数多くあるだろう。

 若い女の子とのセックスに関する誤解が多いのだが、相手の娘が未成年でも、お互いに愛し合っていて、同意した上での性行為は合法だ

追記:18歳未満の児童の場合、たとえ合意があっても犯罪となります。

 しかし、女の子が同意していなかったり、妊娠させてしまった場合はオオゴトになってしまう。

 少なくとも淫行条例違反で立件される可能性があり、その場合は「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」を課される。

 つまりここで言いたいのは、「女の子が嫌がるようなことはするな」ということだ。 

 と言うよりも、合法違法以前に、人道的にしてはいけないことをするほうがどうかしている。

 当ブログを見ているあなたであれば大丈夫だが、くれぐれもそういったモラルを欠いた行動は取らないようにし、常識の範囲内での利用を心がけてほしい。

 ニコ動内の利用規約を尊守することはもちろん、援助交際をはじめとした違法行為も絶対にしてはいけない。

 もしそのような欲望に取り付かれてしまったら、今一度冷静に考え直してもらいたい。

 その行為をすると相手がどういう気持ちになるか、どういった不利益を生んでしまうのか、などをじっくりと考えてみよう。

 犯罪行為をしてしまったら、お互いの人生が台無しになってしまう。

 あなたも女の子も、その事実を十字架のように一生背負って生きていかなければならないのだ。

 第三者の視点で客観的に物事を捉えることによって、己の行為の愚かさに必ず気付く。

 ニコ生は非常に多くのユーザーが利用しているサービスであり、その中では様々な価値観を持った人たちが共存している。

 風俗嬢、ヤンキー、オタク、宗教関係者…そういった人たちがいる以上、各々のモラルが大切になってくることは言うまでもない。

 いくらニコ生のような良質なサービスが存在するからといって、それを利用するユーザー全てがモラルを持った人たちだとは限らない。

 そのような人たちが増えてしまうと、たとえ運営側がいくら悪質会員を駆逐しようとしても、また同じユーザーが出現すれば同じことの繰り返しになってしまう。

 運営側とユーザーの、全く不毛なイタチごっこになるだけだ。

「やってるのは自分だけじゃない」

 そんな無責任な考えでモラルを欠いた行動を繰り返していると、どんなに素晴らしいサービスも劣化してしまうし、最悪の場合はサービスの中止ということも十分に有り得る。

 ニコ生の存続は、『モラルを持って利用する』というユーザー1人1人の心がけにかかっているワケだ。

次の記事ニコ生の“出会い廚”を科学する

2.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top