EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

歌舞伎町に100坪を超えるフロアを占有!新宿の優良セクキャバ、『キャンディーコレクション』体験レポート

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
歌舞伎町に100坪を超えるフロアを占有!新宿の優良セクキャバ、『キャンディーコレクション』体験レポート

【出典:キャンディーコレクション

ライター癒しのリフレ*管理人

 こんばんは!「癒しのリフレ*」です。
 今回は新宿のセクキャバ、『キャンディーコレクション』を訪問してきましたので、その際の体験談をお届けします。

とりあえずキャンディーコレクションを選んでおけば大丈夫


「新宿歌舞伎町」街並み
 8月下旬のとある夜、友人と新宿に向かい、しばらく飲んでからセクキャバへ行く事になった。

 新宿の有名セクキャバ店と言えば、個人的に第一に思い浮かんだのが『キャンディーコレクション』。同店は2014年春頃にOPENした、旧『キャンディーマジック』のリニューアル店舗だ。
Check新宿のセクキャバ、『キャンディーマジック』がレベル高すぎワロタwwwww

 キャンディーマジック時代も口コミ人気は凄く、私も一度足を運んだ事があるのだが、当時の嬢のレベルは非常に高かった。
 その後、2016年3月に現在の場所へ移転し、リニューアルOPENする運びとなったのだ。

 新宿に詳しい友人も、

友人
とりあえずキャンディーコレクションを選んでおけば大丈夫
という認識を持っていた為、今回は同店を選ぶ事にした。

あそこは強いですよ。冗談抜きで優良店ですから


 実は『キャンディーコレクション』に入店する前、一緒に訪れた友人から紹介されたキャッチ(凄くいい人!)を通じて、ガールズバーへ訪問した。

 申し訳ないが、新宿のキャッチには悪いイメージがある。
 しかし、その人は違った。紹介してくれたガールズバーの料金は通常1セット4,000円+TAX(税金)15%程なのだが、1セット3,000円・TAX無しとなり、非常に楽しかった。

 ガールズバーを退店後、店の前で待っていたキャッチと、しばし新宿の業界話をする。

癒しのリフレ*
キャンディーコレクションって、やっぱり新宿界隈でも有名なんですか?
キャッチ
あそこは強いですよ。冗談抜きで優良店ですから。かなり儲かってるみたいですしね…(男性スタッフの給料の話になる)
そんなに!?でも優良店だからこそお客さんも集まるんですよね。きっと色々な努力をされているんでしょうね…
 キャンディーコレクションは、キャッチからの紹介などは一切受け付けていない。
 しかし、そんな新宿のキャッチでさえ、「優良店」と頷くほどの店舗なのだ。

 確かに言われてみれば、旧『キャンディーマジック』が今年3月に移転した先は、3フロア・100坪ほどのビル。
 歌舞伎町の飲食店の坪単価が約3万円からと言われる中、これほどの広さの物件を用意できるのは繁盛店の証拠だろう。


 午前4時過ぎ、『キャンディーコレクション』に向かう。開店時間を過ぎると、外でボーイが受付をしていた。
 基本的に看板を出している訳ではなく、入口のドアも閉まっている。利用したい旨を伝えると、ボーイが店内へと案内してくれるシステムだ。

 店内に入ると受付があり、縦型の大型スクリーンに、出勤予定の女の子のプロフィール等が映し出されている。
 訪問したのは木曜日。「朝の部」は19名が出勤していた。

 キャンディーコレクションの正規料金は40分8,000円+TAX20%だが、公式HPの割引を適用すると45分7,000円(TAX・サービス料込み)となる。
 しかし、更にお得に利用する手段がある。それはメルマガ会員になる事だ。同店のメルマガは、朝の部は午前2時、夜の部は午後6時頃に発行される。

 割引率は日ごとに変動するが、今回は

●40分/5,000円(TAX・サービス料込み)―本指名料2,000円
●60分/9,000円(TAX・サービス料込み)―本指名料3,000

での案内が可能との事。
 40分5,000円という料金は、キャンディーコレクションの嬢レベルを考慮すると非常に割安である。

 今回はフリー40分・VIPルーム40分(20分/500円×2)を選択し、合計6,000円を支払った。キャンディーコレクションは前金性の為、その点も安心できる。
 VIPルームは周囲が高めの壁で覆われ、2人掛けのソファーが置かれていた。通常ルームの場合はプレイ中の様子が見えてしまうのだが、VIPルームを利用すれば周囲の目を気にする事は無いだろう。

黒髪ロング清楚系、壇蜜風の22歳Dカップ「E(※1)」ちゃん


 VIPルームに案内されると、店員がすぐに飲み物を持って来てくれた。今回は40分コースなので、20分×2回転となる。
 1分程すると嬢が登場。さすがは優良店、非常にスムーズだ。

 現れたのは、白いドレスに身を包んだ黒髪ロング清楚系の女の子。壇蜜のような雰囲気を醸し出す「E」ちゃんだ。
 バストサイズはプロフィール上はCだったが、個人的にD寄りだと感じた。体型も細すぎず、太すぎない。
 私は基本的にギャル系が苦手で、お姉さん系がタイプの為、確実に当たりの女の子だった。

 壇蜜風のEちゃんは着席と同時に距離を縮め、肩に顔をキョトンと乗せて来る。初回の密着度は◎だ!
 Eちゃんは、普段は昼職に就いている22歳の女の子。入店してまだ2ヶ月との事で、接客からも確かに素人感が感じられた。

E
初めまして!Eです!よろしくね!
 Eちゃんの接客スタイルは「恋人接客」。セクキャバにはそれほど頻繁に足を運ばないが、この距離感もまた楽しい。
 普通のキャバクラは着席時に握り拳2つ分の距離感があるが、セクキャバの場合は横に着いた時の密着度の高さが評価ポイントだ。

キャンディーコレクションは初めて?
移転前に1回だけ来た事があるよ。今回が2回目だね
 しばらく雑談した後、いよいよ“楽しい時間”が始まる。
 Eちゃんは馬乗りになり、Dカップの胸を露わにした…。

このまま一緒にいたいな♥ ダメ…?


 時間は20分を過ぎようとしていた。

このまま一緒にいたいな♥ ダメ…?
…!
 今のところは場内指名を入れなければ、もう1人の女の子が来る事になる。
 そして、「回転」はフリーの醍醐味でもある。

 その時、一緒に訪れた友人のアドバイスが脳裏に浮かぶ。

好みの問題もあるけど、2回転で入れば当たりの嬢が1人は付く
 目の前に居るEちゃんは清楚系美人。個人的にも当たりの女の子だ。

 そしてもう1点、『場内指名をすれば女の子も喜ぶんじゃないか?』という考えも浮かんだ。
 指名により、更なるサービスの向上が見込めると判断したのだ。

 回転の楽しみを消す事になるが、私のスタイルは女の子を引き立てて(褒める、指名を入れる、ドリンクを入れるなど)接客サービスを向上させる形が多い。
 その為、ある意味「逃げ」かもしれないが、今回は場内指名を入れ、残りの20分もEちゃんを指名する事にした。

ありがとう♥ もっとイチャイチャしよ♥
 軽くキスをしながら、目の前のモノを優しく揉む。
 すると、Eちゃんは自ら腰を振り始め、強めに擦(こす)り付けてきたのだ。

 この時の私は、完全にEちゃんの手のひらの中だっただろう。
 だが、いいのだ。場内指名を入れた事で、期待が持てる後半戦がスタートするのだから。

サービス向上の予想は的中!45分間の濃厚なイチャイチャを体験


 基本的に、セクキャバの“楽しい時間”は5分程だろう。
 今回は場内指名によるサービス向上を狙ったが…予想は的中した!
 実は最後に20分の延長を入れたところ、合計45分間も濃厚なイチャイチャを体験できたのだ。

 20分後、ボーイが更に延長を勧めてきたが、今回はこのタイミングで退店する事にした。
 その際、Eちゃんから

LINEを教えて欲しい
と言われたのでLINEを交換し、入口まで丁寧に見送られながら店を後にした。

 ちなみに、追加料金は以下の通りだ。

・場内指名/2,000円
・延長20分/4,000円
・VIPチャージ/500円
合計:7,800円(TAX20%込み)

 最終的な出費は計13,800円となったが、楽しかったので後悔は無い。
『キャンディーコレクション』は、フリーで遊んでも満足度が高かった。

総括

 2014年からの旧店の期間を加味すると、2年間営業を続けている『キャンディーコレクション』。
 今回利用した結果、ボーイの接客は良好、席に着いたEちゃんも非常に楽しませてくれる女の子だった。

 平日の出勤人数は約15人以上、土日祝は20名以上と、新宿のセクキャバの中では在籍嬢が多く、「優良店」である事は間違いないだろう。
 メルマガ会員になると、当日の出勤状況と限定割引情報が届く為、ぜひ登録をオススメしたい。
 また機会を作って訪問したい店舗だ。

Check伏字部分は『公式メルマガ』で公開中!

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『キャンディーコレクション』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top