EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【動画レポート】川越の『JKカフェ』に行ってきた

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
【動画レポート】川越の『JKカフェ』に行ってきた

【EGweb】運営者江川

 7月5日の夕刻、いつもお世話になっているクライアントからメールが届いた。

 相手はMさん、彼は【EGweb】を見た際に、俺に電子書籍の原稿を依頼してくれた人だ。

『ニコ生で彼女を量産する方法を教えるそうです。』を始め、これからの電子書籍の出版代行を一手に引き受けてくれている。

Mさん「土曜日の件ですが、私が借りている事務所にて朝までコース朝食付きはいかがでしょうか?ちなみに川越には『JKカフェ』があるそうです」

 このメールが始まりだった。

 “JKカフェ”という言葉が強く頭の中に残る。

 俺は軽度のロリコンであり、JCやJKが大好きな男だ。

 10代という限られた時間を謳歌する彼女たちは、何もかもが輝いている。

 そんなJKたちが接客してくれる店がある…というのだ。

「カフェ」と言えば喫茶店をイメージするが、どうにもコーヒーを飲んで帰るだけでは終わらなさそうだ。

「潜入しちゃいますか(笑)」

 かくして俺とMさんは、お互いに初となる『JKカフェ』への潜入取材を試みたのだった。

 本レポート内では店名と女の子の源氏名を伏せているが、動画コンテンツでは全て公開している。

いざ川越へ


 Mさんと会う当日。

 俺は予め調べておいた路線情報に目を向けながら、電車へ乗り込んだ。

 最寄りの八王子みなみ駅から川越駅までは、1時間20分ほどかかる。

 電車はあまり好きではないのに、さらに距離もあるときた。

 いつもならiPodのイヤホンを耳にねじ込んで寝てしまうのだが、その日は不思議とおっくうではなかった。

 その理由はすぐに分かった。

『JKカフェに行ける』という高揚感が、苦を楽に変えたに違いなかった。

 電車内での時間の短さが、より一層それを実感させてくれる。

 俺は午後8時に川越駅に到着した。

 川越は以前に何度か行ったことはあるが、それから3年ほどの月日が経過していた。

 もう夏だ、とても暑い。

 自宅に籠もって原稿ばかり書いている俺は、汗でじっとり濡れたTシャツをバサバサとしながら歩く。

?「江川さん、どうも!」

 聞き覚えのある声が俺の耳に入る。

 取り決めた待ち合わせ場所では、既にMさんが待ってくれていた。

「遅れてすみませんでした!」

 電車を1本乗り過ごし、少々遅れてしまった俺の口からは、真っ先にお詫びの言葉が出る。

Mさん「いえいえ、大丈夫ですよ!それじゃあ早速…行きましょうか(笑)」

「そうですね、凄く楽しみです(笑)」

 そして俺とMさんは歩き出した。

足止め


 夜の川越は人通りが多くなかった。

「こっちです」

 Mさんに先導されながら、大通りから裏路地へと入っていく。

雑居ビル  駅からそれほど歩くことなく辿り着いた場所は、1階で営業する飲食店の明かりが眩しい雑居ビルだった。

「このビルの3階ですね…やってるかな?」

 Mさんはそう言って上方を指で示した。

 その先に目をやると、『●●●』と書かれた窓が見える。

 店内の照明かカーテンの色かは分からないが、長方形の窓はピンク色の妖しい光を放っていた。

 雑居ビルの入り口前に移動する。

 明るい外看板は、営業中であることを表していた。

「営業してるみたいですね。それじゃあ行きますか!」

 雑居ビルに入ると、すぐ左手に階段があった。

 俺が先行して、3階を目指し薄暗い階段をコツコツと上っていく。

「…あれ?」

 目の前に現れた光景に、俺はふいに声を出してしまう。

 そこには看板やダンボールなどが、胸の高さまでバリケードのごとく置かれていたからだ。

 まるで、階段を使う者の進入を拒否するかのようである。

「これって入れなくないですか?」

Mさん「そうですね…もう閉まっちゃったのかな?」

 が、その疑問はすぐに消える。

 バリケードの奥に見える入り口からは光がこぼれ、何よりも女の子と客らしき男の話し声が聞こえてくるからだ。

「…やってるみたいですね」

Mさん「もしかして貸切とかですかね?」

「う~ん…どうなんでしょうね」

 バリケードの上を抜けることは可能だが、そこまでして入るのは気が引ける…と言うか必死過ぎる(笑)

「仕方ない、一度降りましょうか」

 俺がそう提案し、2人で階段を降りていく。

 意気込んで入ったものの、出鼻を挫かれる展開となった。

 雑居ビルの入り口前に戻り、即席の作戦会議を開く。

「階段以外に3階行く方法ありましたっけ?」

Mさん「エレベーターは見当たらないですしね」

「う~ん…JKカフェ楽しみにしてたのになぁ」

Mさん「どうしましょうかね?」

「今回は諦めて、キャバクラでも行きましょうか」

Mさん「残念ですけど、仕方ないですもんね」

 結局『JKカフェ』の潜入取材を諦め、キャバクラへ切り替えることにしたのだった。

盲点


 少しばかり肩を落としつつ、元来た道を戻ろうと向きを変える。

 その視線の先には、40代くらいの男性がこちらへと歩いてくる姿があった。

 何気なく目で追うと、その男性は真っ直ぐに雑居ビルへ入っていく。

「もしかしてあの人、JKカフェに行くんじゃないですか?」

Mさん「かもしれませんね…あっ」

 雑居ビルの入り口奥の暗闇では、『△』の記号が光っていた。

「エレベーターあったんですね…」

Mさん「暗くて全然気付きませんでした(笑)」

「僕もです(笑)」

 男性が乗ってドアが閉まったことを確認すると、俺とMさんはすぐにその前に立つ。

 エレベーターが到着する階数を見るためだ。

「…3階で止まりましたね」

Mさん「完全にJKカフェですね(笑)」

 確信を抱いた俺とMさんは、エレベーターへと乗り込む。

 そして迷わず『3』のボタンと、カメラの電源スイッチを押した。


 エレベーターが停止し、ドアが開いた。

 それと同時に侵入してきたのは、階段で3階に上った際に聞いた男女の笑い声。

 入り口へと続く短い通路には、何の障害物も無かった。

「『階段は使うな』ってことですかね(笑)」

Mさん「そうかもしれないですね(笑)」

 気を引き締めて、入り口へ歩を進める。

 JKカフェに足を踏み入れると、その空間は現れた。

 ピンクよりも赤に近い照明が輝き、逆U字型に配置された回転式の黒いイスとカウンターが、ところどころ光を受けてぼんやりとした模様を描く。

 店内には数人の男性がおり、女の子との会話を楽しんでいる。

 入り口で会った40代くらいの男性の前には、ビールが置かれていた。

 だが今は土曜日の20時30分、この状況はどう考えても客の入りが少ない。

(何でこんなに客がいないんだ?何か理由があるのか?)

 もしかすると、キャストたちが本物のJKではないのかもしれない。

「JK」という冠名を付けているとはいえ、『女の子が18歳以上だった』という“偽JK店”の話も耳にする。

 いずれにしろ、実際に接客してもらえば分かる話だ。

 店内ではYシャツ姿の女の子たちが、カウンター内をせわしなく動き回っている。

 それを目で追っていると、空いた席がより際立って見えた。

 とにもかくにも、俺とMさんは店内左奥のイスに座る。

 待つこと数分、俺たちの前に1人の女の子がやって来た。

 いよいよ接客が始まるかと思いきや、その娘はカウンターの下を何やらゴソゴソし始める。

 後に続いて、今度は少し大人びた女の子がやって来る。

「最初に料金システムを説明していいですか?」

 その娘はテーブルのメニューを指差しながら、少々つたない言葉で話し始めた。

「ウチは40分2,100円です。サービス料が10%付きます。で、飲み放題なんですけど、自動延長制になってます。だから5分前にお声かけしたほうがいいですか?」

「あ、お声かけお願いしていいですか」

「あ、わかりました~」

 付け加えると、この店は夕方から夜が『JKカフェ』、夜から早朝にかけては『ガールズバー』へと変貌を遂げる。

 料金説明を終えると、おもむろに簡単な自己紹介が始まった。

T「Tです、よろしくお願いしま~す」

 カウンター下をゴソゴソしていた女の子も、顔を上げて名前を教えてくれた。

M「Mです、よろしくお願いします」

「あぁ、お願いします」

 いよいよ、ここからが『JKカフェ』というワケだ。

M・Tペア


 最初に付いた女の子たちは、MちゃんとTちゃんの2人だった。

 彼女たちを見ていると、先ほどの“偽JK”の疑念は脳内から薄れていく。

 Tちゃんは大人びているものの、間延びした声と話し方は10代を感じさせる。

 Mちゃんに関して言えば、声と顔付きが幼く、完全に18歳以下である。

 そして、2人とも可愛いときた。

 確認のため、それとなく年齢を聞いてみることにした。

「現役JKってこと?」

M「現役です、全員現役です」

「いくつ?」

M「●●です」

「マジで!?」

 思わず、驚きの声を上げてしまう。

 間髪入れず、Tちゃんも年齢を口にする。

T「自分も●●です」

「マジで!!??」

 再び、間の抜けた声を上げてしまう。

 Mちゃんは、八重歯をチラリと見せながら笑っている。

『JKカフェ』は初めてということもあるが、驚きの表情を隠せなかった。

 彼女たちは、予想以上の“JK"だったからだ。

M「自分今日初めてです」

「マジで?」

M「はい」

『マジで』が止まらない…と言うより俺の口癖によるものだが(笑)

T「で、自分は3回目です」

 先ほどゴソゴソしていたMちゃんは、初日のために間が持たなかったのかもしれない。

T「よくこういうとこ来るんですか?」

「こういうとこメチャメチャ行く」

 2人から同時に、「あ~」という声が漏れる。

 もしかすると、俺の身なりがそんな風に見えるのだろうか。

「いつもはキャバクラとかそこらへん行くけど、JKカフェは初めて来た」

M「へぇ~」

 2人ともに働いてから日が浅いためか、それほど話しかけてこない。

 情報を得なくては意味がないため、無い頭をフル回転させて話題を振りまくる。

「学校どう?」

M「つまんないです」

「なんで?」

M「みんなマジメっ系なんで、話が合わないです」

「性格合わないんだ。Tちゃんは学校楽しい?」

T「楽しい」

「いいじゃん学校楽しいなら」

M「いいなぁ~」

 Mちゃんはそう言って頬を膨らませた。

 高校生活の充実度に関わらず、『JKカフェ』で働く理由は何だろうか。

 刺激や仕事への好奇心など様々な理由はあるだろうが、最終的な目的はやはり金しかない。

「テストは?」

M「終わりました」

T「まだなんですよ」

「今Mちゃん何テスト?」

M「期末テストです」

「あ~期末テストか」

T「中間と期末の意味ってなんですか?」

 唐突にTちゃんが質問する。

M「中間は真ん中だから『中間』、期末は一学期とかの末だから『期末』だよ」

T「あぁ~!」

「他に何があるんだよ(笑)」

 Tちゃんは天然なのか狙っているのか分からないが、JKらしい一面を見せた。

M「お兄ちゃんが先に出て、弟が何分後に追いかけるみたいなね~(笑)」

「あるある(笑)」

 ふと、俺の高校時代を思い出してしまう。

 いつもテスト勉強は徹夜になってしまい、目を赤くしながらテストを受けていたっけ。

M・T「じゃあ…ありがとうございました!」

 もう交代の時間になったようだ。

 20分程度とはいえ、彼女たちと話しているとあっという間に時間が経つ。

 高校生活がフラッシュバックし、どこか懐かしさを感じられるのだ。

 その余韻に浸りながら、俺とMさんは2人の後ろ姿を見送った。

X・Hペア


「本物でしたね…」

Mさん「●●歳とは驚きましたよ(笑)」

「本当ですよね(笑)」

 Mさんと感動を共有しつつ、程よく冷えたビールを口に運ぶ。

 そうしているうちに、新たに2人の女の子がカウンターの前に立った。

X「よろしくお願いします~」(源氏名を忘れてしまったためXとする)

H「よろしくです~」

 次は明朗快活なXちゃんと、眼鏡っ娘のHちゃんのペアだった。

 2人とも喋り方がほわほわしている。

 Xちゃんは今どきのJKという印象。

 Hちゃんに関しては、なぜJKカフェで働いているのかが分からない。

 完全なる主観だが、人と話すことは苦手な印象を受けたからだ。

 基本的にXちゃんはよく話しよく笑う、それなりに話題も振ってくれる。

 Hちゃんはそれほど会話に参加せず、Xちゃんのサポート役という感じだった。

 以下は誕生日話の流れから。

「Hちゃん誕生日いつ?」

H「5日5日です」

「ゴーゴー?」

H「はい、こどもの日です(笑)」

「あっ、そっか!」

「ウチの妹ね~、1月11。イチイチイチ~(笑)」

「ゾロ目多くね?」

X・T「アハハ(笑)」

「こどもの日なんか貰える?」

X「昔ならオモチャとか貰えたけど、今はない」

「俺高校生のころ貰ってたけど(笑)」

H「親からですか~?」

「そうそう」

H「今もらってるんですか~?」

「いま貰ってねえよwwwバカにすんなよwwwww」

 道中はXちゃんにペースを握られがちだったが、ここで場を笑わせてくれた。

 この2人の組み合わせは、意外にピッタリなのかもしれない。

 彼女たちとの会話を楽しんでいるうちに、あっという間に5分前となった。

X「ガールズバーいるの?」

「俺JKカフェのために来たから。JKカフェ命だから」

X「アハハ(笑)じゃぁもうお会計?」

「お会計」

X「あーオッケー。じゃぁ明日も来るしかだな」

「いや明日俺八王子にいるわ(笑)」

 ガールズバーに切り替わる時間帯となり、店内にはキャストの女の子が増え始める。

 そのときには、客は俺たち以外にいなかった。

 支払いを終えて店を出ようとすると、全員がカウンター内に立ち並び、「ありがとうございましたー!」と大きな声で送られる。

 嬉しい反面、少しばかりの恥ずかしさがあった。

 かくして、俺とMさんの『JKカフェ』潜入取材は幕を閉じた。

総括


 今回の潜入取材では、とても多くの収穫を得ることができた。

キャストが本物のJK

 まず最初に、川越の『JKカフェ』には本物のJKが働いていること。

 キャストたちのあどけなさ、10代特有のニュアンスなど、数え上げればきりがないほどの“JK”ぶりが窺えた。

 思った以上の低年齢層でもあり、男心をくすぐることは間違いない。

“JK”ブランドの割に料金が安い

 そして次に、料金が意外にも良心的なこと。

 この店では、女子高生カフェ、ガールズバー共に、時間は40分と少々短い。

 どちらも飲み放題付きで、前者のセット料金は2,100円、後者はおよそ500円増しの2,625円である。

「サービス料」という名目で料金に10%加算されるが、それでも1人当たり2,500~3,000円の範囲に納まる。

 この料金でJKたちとの会話を楽しめるのなら、かなりリーズナブルと言えるだろう。

客が少ない穴場店

 そして最後に、川越のJKカフェは知名度が低いということ。

 俺とMさんが入店したのは土曜日の20時半頃、いわゆる「ゴールデンタイム」の時間帯に、客が数人しかいないのは意外だった。

 ちなみにJKカフェの後、Mさんと2件のキャバクラを回った。

 そこでは、キャバ嬢たちに『JKカフェの存在を知っているか』を尋ねてみた。

 以下は、その時の会話を一部抜粋したもの。

「そう言えば、さっきJKカフェに行ってきたよ」

「へー、JKカフェなんてあるの?」

「そうみたい。んで●●歳の娘が働いてたよ(笑)」

「えー!それってヤバくない?」

 面白いことに全て(6人)のキャバ嬢たちから、『JKカフェがあるのは知らなかった』という言葉が出てきた。

 相対的な調査人数は少ないものの、夜の店の情報に強く、なおかつ地元のキャバ嬢でさえ認識していないことが判明。

 一応HPはあるものの、それほど大々的に広告展開をしていないのだろう。

最後に

 酒を嗜みながら、現役女子高生たちとの会話が楽しめる『JKカフェ』

 彼女たちと話していると、自身の高校生時代を思い出す。

 青春真っ盛り、そんな時期にタイムスリップするような錯覚さえする。

 しかし、10代の頃からこのような仕事をしていると、夜の世界から抜け出せなくなってしまいそう…とは余計な老婆心だろうか。

 川越のJKカフェは優良店であり、知る人ぞ知る男性たちの癒しの空間として機能していた。

潜入動画


【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

4.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間55万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 無許可ですか?

    • azsさん、撮影許可の有無を問わず、動画を撮影した経緯・手法については一切お答え致しかねます。ご了承ください。

  2. 勤務先が川越にあるんで行ってみたいのですが、よかったら場所を教えていただけませんか。

    • pleasureさん、当記事で潜入したJKカフェは『Barbie(バービー)』ですが、残念ながら既に閉店している模様です。

      • そうなんですか・・・それは残念・・・

        • 川越付近にあるかどうかは分かりませんが、『JKバー』は比較的多いので、ぜひ探してみて下さい。
          ただ、僕の経験上、女子高生の話は全く面白くありませんが…(´Д`)笑

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top