EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

イマドキ女子に聞いた!デートでドン引きする男性の行動5選

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
イマドキ女子に聞いた!デートでドン引きする男性の行動5選

ライターgumi

 どうも。最近体調を崩してしまい、風邪&下痢のコンボからようやく解放された「gumi」です。

 今回は私が実際に聞き込みを行った、「デートでドン引きする男の行動」を紹介しよう。
 せっかく2人きりのデートに漕ぎ着けたのに、たった1つの行動で関係が終わったら元も子もない。
 そんな事態を回避するために、女性からリアルな意見を引き出した。特に“非モテ男”には是非とも読んで欲しい。

ドン引き行動1.ずっとスマホ(携帯)を弄っている


「私と遊んでる最中なのに、ずっとLINEで誰かとやり取りしたり、Twitterを見たりする男は引く」

 これは男女を問わず、嫌な気分になるのは当然の事だ。
『相手に興味が無い』と感じさせる行動なので、デート中のスマホ弄りは控えた方が良い。

「ひたすらツムツム(LINEゲーム)をやってた奴は気持ち悪かった」

という意見もあった。
 女性と遊んでいる最中にゲームをする人間の気が知れないが、「ゲームは家でやれ」と言いたい。

ドン引き行動2.第三者に対して横暴な振る舞いをする


「店員に言葉遣いや態度が悪い男は、その時点で論外」

 他にも「レストランとか居酒屋でいちいちクレームを付ける男は引く」など、店員に対して高圧的な態度を取る男は特に評判が悪かった。
 私が思うに、そういう奴らはただ単に「男らしさ」を履き違えているのだろう。
 それは男らしいのではなく、もはや「ただのガキ」だ。

 女性に聞いたところ、誰にでも紳士的に振舞う男は好感度が高かった。
 やはり店員(第三者)に対しては、少し下手に出るくらいがベストだろう。

ドン引き行動3.細かすぎる金額の割り勘


 これは女性から聞いた、居酒屋での体験談である。
『本当にそんな男いるのか?』と疑ってしまうレベルの話だ。

「じゃあ会計しよっか」
「うん」

「2人で4,329円だって!ちょっと待ってて、今スマホで計算するから」
「えっ!?いいよ、とりあえず私2,500円出すから」

「大丈夫大丈夫!えーっと、1人2,164.5円だからー…どっちかが1円多く払わないとダメだね!よし、1円ジャンケンしよう!(満面の笑み)
「…(絶句)」

 私もこの話を聞いた時はさすがに爆笑してしまったが、ガチのエピソードらしい…w
 かなりイレギュラーな例だが、割り勘を1円単位で計算するみみっちい男など、問答無用でアウトだ。

 この場合の理想的な対応は、合計金額を敢えて教えずに「1人2,000円!」と相手の女性に言い、残りは全て出してあげるのがベスト。
 私は「無理して奢らない派」なので基本的には割り勘だが、会計はこのように済ませている。

 実際に、「わざわざ奢ってくれなくてもいいけど、端数くらいは出して欲しい」という意見が多かった。割り勘の際には私の方法を参考にして欲しい。

ドン引き行動4.初デートでハードルの高い店に連れて行く


「男同士で絶対行かないようなオシャレな店にいきなり連れて行かれて、チャラいなと思って引いた」

 その女性によると、初デート時に連れて行かれたのが、明らかに元カノと行ったようなムーディーな雰囲気の店だったらしい。しかも「俺スゲーオシャレな店知ってんだけど、一緒に行こうよ(ドヤァ)」と誘われ、物凄くキモかったそうだ(笑)
 大して仲良くもないのに、オシャレな雰囲気の店に誘ってきた事自体にも問題があったのだとか。

 このケースに関しては、全ては誘い方が悪いと感じる。
 先ほどの誘い文句では、既にその店を何度も利用している印象を与え、「絶対コイツ女と来たんだろ…」などと良からぬ想像をさせてしまいかねない。

 それを回避するためには、“初めて利用する体(てい)”で誘うのがベストだ。

「会社の先輩から○○って店が美味しいって聞いたんだけど、そこに行ってみない?」

 このように、“第三者から聞いた店”という設定にするのだ。
 本当に初めての店にしろ、何度も訪れた店にしろ、この誘い方なら自然な流れを演出できる。
 その上、『お互いに行ったことが無い』という状況は、相手の女性も期待感が増しやすい。

 初デートでオシャレな店に誘うこと自体は悪くない。
 しかし、最も重要なのは「誘うまでの過程」だ。違和感を感じさせなければ女性からの好感度は上がる。

ドン引き行動5.デートプランを全て女性任せ


「会ったまではいいけど、相手(男)がプランを全然決めてなくて、店決めを全部私に押し付けられた」

 この意見も結構多かった。

「どこ行きたい?」、「キミの行きたい所でいいよ」などと、デートプランを女性任せにする男も評判が悪い。

 やはり女性は基本的に受け身なので、行き先を委ねるのはさすがに酷というもの。
 デート前にある程度のプランを練り、グイグイと引っ張るのがベストだ。

 と、偉そうに語っているが、私もいざ女性と遊ぶ際は基本的にノープランである(笑)
 しかし、行きたい店があったら「ここ行こうよ」と誘い、かなり適当だがリードはしている。
「自分本位な引っ張り方」くらいが丁度良いのではないだろうか(もちろん女性によるが)。

最後に

 いかがだっただろうか。
 女性がドン引きする行動は無意識の内にやりがちだが、普段から細かい事に気を配っていれば未然に防げる。
 女性は男性とは違い、1つでも相手の嫌なポイントを見つけると一瞬で気持ちが冷めてしまう生き物なので、特に注意が必要だ。

 これからのシーズンはクリスマス前、多くのカップルが誕生することだろう。
 特に“非モテ男”は、是非ともこの記事を参考にして可愛い彼女をゲットして頂きたい。

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top