EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

デリヘル版夢の国!?ミッキーになりきる奇妙な客に遭遇した話「ディズニープレイ」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
デリヘル版夢の国!?ミッキーになりきる奇妙な客に遭遇した話「ディズニープレイ」

ライター夕花みう

 これはとあるデリヘルで働く、わたしの友人Xの話である。
 彼女は入店して4ヶ月ほど。ぼちぼち本指名のお客様も付いてきて、新人を卒業し始めた時期の風俗嬢だった。この業界は往々にして嬢の寿命がとても短い傾向にあり、3ヶ月もてば長いほうだと言える。

 そんな彼女の常連客の1人が、意味の分からない性癖を持っているという…。

僕のことは、「ミッキー」と呼んで下さい


「こんばんは♪」

(声、高いな…)

 Xの第一印象はそれだった。家は至って普通のアパート。古いながらもそこそこ小奇麗にしていて、印象は悪くない。芳香剤が焚いてあるのか、ほのかにいい香りも漂っていた。
 ただ、声変わりをしていない男子中学生のような声のみが気にかかった。

 年齢は30代前後といったところだろうか。部屋に入って行くと、やけに多いぬいぐるみが目に付いた。プーさん、ミッキー、ミニー、ダッフィー…全てディズニーキャラクターのぬいぐるみだった。
 稀に、男性にもディズニー好きは存在する。テーマパークが好きで、ついつい行くたびにぬいぐるみを買ってしまい、部屋の中に増えていくのだ。彼女がディズニー好きで、付き合って通っているうちにハマっていく男性も珍しくない。
 が、それにしても彼の部屋のぬいぐるみの数は異常だった。

 それほど広くない8畳ほどの部屋のあちこちに、取り付け型のスペースが設けられており、その上にぬいぐるみが所狭しと並んでいるのだ。戸棚はほぼぬいぐるみで埋まっている。それでも入りきらないのだろうか、ベッドの横にも置かれていた。

「僕のことは、『ミッキー』と呼んで下さい」

 彼はそう言いながら、脇にあったミッキーのぬいぐるみを動かす。

(芸が細かいな…)

 少々引き気味のXだったが、悪い人ではなさそうなので、とにかく無難に話を合わせておく。

「ミッキーさん、よろしくね。じゃあ、わたしはミニーだね」
「ミニーとミッキーは恋人だよ」

 先行きが不安になりながらも、シャワーはすんなりと浴びてくれ、何の問題もなかったので一安心する。
 ベッドに入り込むと、またミッキーを動かしながら彼は言った…。

「タッチミー」

(???????)

 頭の中で「?」が渦巻いたが、「触れ」ということなのかと遅れて認識。ぎこちない笑顔を浮かべながら、Xはいつも通りにプレイをこなしていく。
 Xは売れっ子というわけでもなく、指名が多いというわけでもない至って普通のキャストだった。満足度は低くはないが、また指名するほどでもない…という印象を与えがちなのが悩みらしい。

どうやら、ミッキーはM寄りらしい


 乳首をサワサワしていると、「ミッキー」がまた何かを言い始めた。

「タッチマイジュニア」

(何とかならないのかな…その中学英語)

 全力で突っ込むが、ミッキーの暴走は止まらない。完全にミッキーになりきってプレイするのが、彼の興奮ポイントらしい。「ミッキー」と呼ぶたび、嬉しそうに、もっともっと声を高くするのである…。





「オォ」





 喘ぎ方ももはや外国人寄りだ。なんだか、引くを通り越して面白くなってきた。
 Xはいつもより乗り気になってガンガン攻めていく。どうやら、ミッキーはM寄りらしい。こちらが責めるたびに、大きく体をくねらせて気持ち良さそうにするのだった。その声と外見のアンバランスさが、ひどく笑いを誘う。

 まだまだ驚きは終わらない。フェラチオを続けていると、ミッキーはついに我慢できなくなったらしい。Xの上に馬乗りになった彼は…










「ミッキマーウスミッキマーウスミッキミッキマーウス♪」










 なんと歌い始めたのである。自分のソレをこすりながら、Xの上に乗ってミッキーマウスのテーマを歌う…。そしてすぐ、彼は果てた。

「どうもありがとう」

 プレイが終わると英語は戻るらしい。ミッキーはやけにスッキリした顔で、ティッシュでXのお腹を拭き取りながらお礼を言う。
 謎の“ディズニープレイ”ではあったが、非常に丁寧で優しく、いい人のようだった。すぐにお茶を入れて持って来る、その優しさにもキュンとする。

「また、夢の国に遊びに来てね☆」

 時間を迎えてドアを開けると、背中越しにミッキーが呼び掛けてきた。

(デリヘルで夢の国も悪くないかな…)

 そう思ったXであった…。

最後に

 わたしはデリヘル嬢時代、これほど奇妙なお客様には残念ながら出逢った事はない。
 が、色々な設定でキャストの反応を楽しむお客様は、少なからずいるようである。そんな上級者向けの遊び方も楽しいのかもしれない。
 勇気とユーモアセンスに自信のあるあなたはぜひ!



ここまで振り切って楽しめるのもある意味凄いな・・・
ヤる夫(PC)
職場の上司がこんな事してたら威厳もあったもんじゃないけどなww
「幼児プレイ」にハマる中年男も多いらしいぞw
ヤらない夫
【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top