EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

本番交渉にゲンナリ…新宿発のアジアンデリヘル、「R」から別人の嬢が派遣された件

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
本番交渉にゲンナリ…新宿発のアジアンデリヘル、「R」から別人の嬢が派遣された件

ライターチャン小林

 筆者は日本人の女性が好きである。
 しかし、毎回日本人だと飽きてしまい、性欲が盛り上がらない時期もあるのだ。

 そして先日、蒸し暑い自宅で仕事をしている時に、突然外国人とエッチなプレイをして抜きたくなった筆者。外国人の動画を探してオナニーを試みるも、物足りなさに包まれてしまったのである。ムラムラが治まらず、インターネットでアジアンデリヘルを探すことに…。
 読者の中には、「なぜアジアン?金髪じゃないの?」と疑問に思っている方もいるだろうが、「アジアン娘に愚息が反応するから!」というシンプルな理由なのだ。

目の前の女性は、出勤表には100%いなかった


 早速インターネットを使い、自宅に派遣してくれるアジアンデリヘルを探していると、『23区内派遣可能』と記載しているにも関わらず、「出張できません」と断られてしまったのである。
 ほとんどの店に「今は女性がいません!」と言われてNGを食らう中、新規の場合は交通費が無料の新宿発のアジアンデリヘル、「R」に目が留まる。すぐに電話をしてみると、30分ほどで行けるとのことで、即OKを出して自宅待機する筆者。

 最初からロングコースを利用すると、タイプではない女性が現れた時のショックがデカい事もあり、今回は様子見を兼ねて交通費無料・60分/11,000円コースで遊ぶことに。
 基本プレイは生フェラ・タマ舐め・69・パイズリ・全身リップ・素股・指入れ・Dキス・アナル舐め・前立腺マッサージと充実している。後から「基本プレイに入っていないので出来ません」と言われて恥をかかぬよう、下準備も重要なのだ。

 そして、待つこと30分ピッタリでインターホンが鳴り、ドアを開けて女性とご対面。





(おいおいおい!出勤表にはいない女性が来たぞ!)





 目の前に現れたのは、決して美人でも不細工でもない、ちょっと横にデカい女性だった。何度も出勤女性の写真を確認していたのだが、今目の前にいる女性は「100%いない」と断言できるレベルなのだ。
 しかし、筆者はフリーを選択したこともあり、現実を受け止めながら家の中に招き入れた。

激しいシゴキに心が揺れるも、紳士的に本番を断り続ける


「コンニチハ♪」
「こんにちは!どこの国の人なの?」
「中国ヨ!」
「名前は?(後でプロフィールを見直すために聞いてみました)」
「ワタシ、ナマエヨクワカラナイ」

(絶対嘘だろ…。むしろベテランだろ!)

 今にも店に電話してしまいたい気持ちが爆発しかけたが、グッと我慢しながらシャワーを一緒に浴びることに。嬢がタオルを持参するデリヘルもあるが、「R」の場合はそうではなかったため筆者が用意する。
 ハダカになった彼女はポヨポヨのお腹を披露してくれた。唯一の救いはオッパイくらいである。

 簡単にカラダを洗って貰い、その後はベッドに移りプレイスタート!
 まずはディープキスをしようと肩を抱き寄せると…明らかに拒否反応を示す力が入っていたのだ。強引にディープキスをしても良いのだが、後でトラブルになる事は避けたい筆者。ここは大人しく身を引き、「カラダを愛撫して貰ってもいい?」とお願いしたのである。

 チュパチュパと音を立てながら乳首を舐めてくれるのはいいのだが…他の部位には全く触れること無く、ひたすら乳首時々愚息周りを舐めるだけである。「フェラして欲しい!」とお願いすると、彼女の口からあの言葉が発せらたのだ。

「5,000円クレタラ、キモチイイコトシテイイヨ♪」
「それって、セックスしていいってこと?」
「ソウヨ♪」







「無理!誰とでもセックスしたいわけじゃないぞ!甘く見るな!」







という心の声を押し殺しながら、紳士的に「ゴメンね。お金無いんだ」と断る筆者。
 すると、愚息にヨダレを垂らし、突然激しく手コキとフェラをしてきたのだ。

「モット、キモチイイコトシタイデショ♪アト、5,000円」
「そんなに激しくされるとイキそう…ホントにお金無いんだよ」
「ジャア3,000円カ2,000円」

 いきなりの値引きをされるも、筆者は彼女とセックスする気にはなれず、愚息を手コキと軽いフェラで刺激され続け、最後は自分のお腹の上に大量発射したのである。
 一息ついていると、彼女が「オトコノヒト、ミンナセックスシタガル。ハジメテシナカッタ」と言ったので、他のお客さんの話などを聞いてみると、ほとんどの男性が自ら本番を迫るとの事。

 アジアンデリヘルや金髪デリヘルなどの外国人風俗では、昔から本番交渉が行われる事がある。もちろん、全ての店を指しているわけではないが、今回のように実際に交渉してくる女性がいることは事実だ。
 それよりも、出勤表に載ってない女性を派遣し、かつ基本プレイもほとんどして貰えなかった事に非常にガッカリしたのである。

最後に

 基本プレイやサービスに満足していれば、再度違う女性で遊んでみようと思えるもの。今回は確かにイクことは出来たが、「R」の次回利用は厳しいと思った筆者であった…。

Check店舗情報は『公式メルマガ』で公開中!

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

新宿発のアジアンデリヘル、「R」の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top