EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

『援助交際』の相場をめぐる力学

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
『援助交際』の相場をめぐる力学

【EGweb】運営者江川

 いつの時代でも、体を売ってお金を稼ごうとする女の子は後を絶たない。

 いわゆる援助交際は、『ウリ・割り切り・条件付き』などの隠語で呼称されている。

 その相場については、都会は高め、地方は安めであることが多い。

 あなたの地元はいかがだろうか?

 過去を遡ること7年前、俺の出身地である青森では、JCやJKでも「別2(ホテル代別2万円)」が平均的な相場だった。

 それは、20代前半から30代後半の女性にも、おおよそ当てはまっていた。

 だが近年、援助交際の相場は下降線をたどっている。

 最近では、「別1.5」が多くなってきたような気もする。

 まれに「別1」という女性もいたが、あまりに安いと気味が悪くて逆に会う気になれない。

 これらの金額には明確な基準があるわけではなく、本人が設定している。

 つまり、『金額 = 自己評価』ということだ。

 半年ほど前、「別2.5」で援助交際をしている、30代の女性を取材したことがある。

 当初は「すげー吹っ掛けるじゃん」なんて思っていたのだが、彼女は自信満々だったため、興味本位で会うことにしたのだ。

「グラマーでエロいです」の言葉が、彼女のセールスポイントだった。

 実際に会ってみると、確かに見た目に気を使っていたし、グラマーという言葉にも嘘はなかった。

 エロいことも事実だったが、当時はもっとエロい女性を知っていたから、それほど新鮮味はなかった。

「みんな満足して帰っていきましたよ」とは言っていたものの、その真偽は定かではない。

 その時に彼女が言っていたことがある。

「みんな最初は若い娘と会うんだって。でも、とにかく事務的な対応の子だったり、マグロだったりして、私みたいな熟女を知っちゃうとハマっちゃうみたい」

 なるほど、と俺は思った。

 なぜなら、実際に俺がそうだったからだ。

 援助交際を始めたばかりの頃は、若い娘と会うことにしか興味を持てなかった。

 しかし結局、彼女たちの魅力は『若いだけ』なのだ。

 もちろん、「若い女の子を抱ける」ということで満足する男性もいるだろう。

 だから否定はしないし、否定する気もない。

 だが振り返ってみると、援助交際で若い娘と過ごす時間は、俺にとっては楽しい時間ではなかった。

 たとえ割り切りでも、趣味と実益を兼ねたエロい女性は存在するのだ。

 援助交際の真実を知ったときに、そういう人に会ってしまうとハマってしまう。

 そのとき、「年齢はそれほど重要じゃない」ということに気付かされる。

 個人的には、援助交際をするなら30代の女性がベストだと考えている。

 なぜなら、彼女たちは人生経験が豊富だし、何よりも若い娘にはない包容力があるからだ。

 だからこそ、精神的にも肉体的にも、色々な意味でバランスが取れているのだ。

 話が脱線したので、本題に戻そう。

 先ほどの30代の女性は、「別2.5」が自分の価値だと考えていたワケだ。

 それは、「どれだけ夢のある時間を与えられるか?」という目安でもある。

 男性は様々な女の子と交渉したり会ったりするため、金額は相対的なものになる。

「同じ金額なら、より質の良い女の子に会いたい」ということが、援助交際をしている男性すべての願いであるはずだ。

 その一方で、女性はどうだろうか。

 ほとんどの人は、接客スキルを磨いたり、サービスの質を向上させようとは考えていないだろう。

 まあ、中にはそんな「勉強熱心」な女性もいることは確かだ。

 今までで一番驚いたのは、「他の人の援助交際を見学させてもらっている」という20代の女性。

 高いプロ意識を持っていることは尊敬に値するが、そんな女性は滅多にいない。

 そのため、金額設定は本人の主体的な価値観によるものが大きい。

「30代だから別1.5くらいかな」のように、年齢に重点が置かれていることが多いのだ。

 だからこそ、金額と女の子の質やサービスは、必ずしも比例するわけではない。

 むしろ、反比例しているケースが圧倒的に多いのだ。

 なかなか男性に会えない女性は、様々な要素を勘案して、自己評価が適正かどうかを考えることも大切かもしれない。

 何度も述べるが、男性は相対的な価値観から判断している。

 リピーターが付かない女性は、その金額は「適正」ではない可能性があるのだ。

 あなたは、「20代のマグロ女」と「30代でエロい女性」では、同じ金額ならどちらを選ぶだろうか?

 多くの援助交際を見てきたからこそ、俺は迷わず後者を選択する。

当記事は『援助交際』の実態を広く知って頂くことが目的であり、援交を助長するためのものではありません。

おススメの割り切り情報

実際に出会えた【割り切りサイト】を厳選して公開中!
高レベルの女とヤりたいならこれを読め!

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top