EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】「処女JD」と「官能小説男」がセフレになった経緯

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
【出会い系サイト】「処女JD」と「官能小説男」がセフレになった経緯

※画像はイメージです。

ライター夕花みう

 わたしがライターの仕事の研究を兼ねて登録しようとしていた出会い系サイトに、とある友人Aがハマってしまった。
 彼女はもともと、あまり男性に縁がないマジメで清楚な女性である。それでも、エロいことにはかねてから興味津々だったらしい。わたしの話を、いつも面白がって聞いてくれる友人の一人だった。

 そんなAが、つい最近“オトナの関係”になった男性がいるという。もちろん、きっかけは出会い系サイトだ。

今どき、「●●」だなんて聞いたことがない


「まぁ正直に話すと写メとかもわりと投稿してて。やり取りしてみて、『えっ、業者じゃないんだ』とか言って嬉しそうに返事が返ってくることも多くてさ」

 Aは容姿にコンプレックスがある。顔の造り自体は可愛らしいのだが、残念ながらかなりのぽっちゃり体型であるため、顔が真ん丸なのだ。本人も痩せられない事をすごく気にしているらしく、その話題はタブーとなっている。
 体型を苦にしているため、Aは高校時代もずっと彼氏ができないままだった。とはいえ、性欲は強い方らしい。BL小説などを読んでは、キャッキャと騒いでいた。

 そんなイメージが強かったAにセフレが出来たとは…とても驚きだったのだ。

「なんか言い回しが変な人でね」

 そう言う彼女だが、顔は完全にニヤけていた。どれどれ…とLINEを覗き込む。

『今日は君に出逢えて本当に嬉しかった。別れ際に接吻したのが忘れられないよ

 接吻…すごい言い回しである。まるで官能小説家のようだ。今どき、「接吻」だなんて聞いたことがない。思わず吹いてしまった。

「最初からこんな調子。最初は変だしキモいなぐらいにしか思ってなかったんだけど、なんかだんだんこの人面白いかもって」

『君の胸元の写メを見る度に、僕の倅が大変な事になります

「えっ…これ嬉しいの?」

 口に含んだ紅茶を吹き出しそうになりながらわたしは聞いた。照れたように笑うA。このはにかんだ笑顔で察した。彼女はきっと嬉しいのだ。

 出会い頭も、やり取りでも、その独特な言い回しが気になったAは、だんだんと彼の長文メールが楽しみになってきた。そして、当たり前のように会うことになったという。

僕のアソコは寂しがり屋なんだ。パックンしてくれないかな


 彼との待ち合わせは、駅のとある喫茶店だった。ドキドキしながら待っているAの元に、背広姿の男性がやって来た。
 挙動不審でソワソワしたような男性を想像していたのだが、実際はずいぶんと違う。30代半ばといったところだろうか。イケメンというわけではないが、清潔感のある印象を受けた。

「こんにちは」
「初めまして」

 とても柔らかい声音(こわね)だ。落ち着いた印象である。メガネがインテリな感じを思わせた。

 喫茶店でお茶をしながら、他愛もない話をする。写メを見せ合っていたような仲だ。お互いになんとなく、心づもりやこれからの展開は分かっていた。こちらから誘うわけにもいかない…と適当に話を合わせておく。

 正直なところ、怖いもの見たさの延長のような気持ちでセックスをしたかった。初めての相手に特にこだわりはない。自分のことをチヤホヤしてくれて、思い切り女の子扱いしてくれて、大切にしてくれるのなら…。
 Aの心は決まっていた。

 喫茶店を小一時間ほどで切り上げて、いよいよ2人はホテルに向かう。

「いいの?本当に。処女…なんだよね?」

 男性からの問いかけに、Aはこくりと頷いた。処女である事にはコンプレックスしかなかったAである。早く経験を積んでしまいたかった。
 男性はどこまでも繊細で優しい、なぞるような愛撫をしてくれた。実際、Aは経験がなかったので、愛撫の仕方などはあまり分からなかったという。ただ、芯から熱くなるような感覚を覚えたらしい。

 すっかり感じ出したAに、男性が言う。

「僕のアソコは寂しがり屋なんだ。パックンしてくれないかな」

 わたしはもはやこのセリフに鳥肌が立ったのだが、Aはツボにハマったらしい。慣れない仕草で一生懸命フェラをしたという。少し吐息が漏れる、その男性の息遣いにも興奮してしまう。

「ほらほらダメだよ。タマタマさんだけ触るとサオさんが拗ねちゃうんだ。触りながら、そう…舐めて」

 少しずつ要領を掴んで、男性の反応はもっともっと良くなっていく。Aと男性は熱い夜を過ごした。

最後に

 それからAは、何人かと出会い系サイトを通じて体の関係を持ったらしいのだが、官能小説家のようなその男性とは、今もなおセフレ関係を続行中とのこと。

 リスキーなゲームではあるが、あなたも女性に『僕の倅が…』なんてメールを贈って、気を惹いてみるのもアリかもしれない。Aのような物好き女子が引っ掛かる事もある。
 まぁ、9割方ドン引きされるだろうけど…。

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

4.0 rating

この記事の著者

現役女子大生ライター風俗・お水業界三冠王夕花みう
現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top