EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【割引あり】18歳“中退JK”が多数在籍!日本初の派遣型見学リフレ&アロマエステ店、『秋葉原制服オーディション』体験レポート

【割引あり】18歳“中退JK”が多数在籍!日本初の派遣型見学リフレ&アロマエステ店、『秋葉原制服オーディション』体験レポート

ライター悪鬼

 初めましての方は初めまして。ライターの「悪鬼」と申します。
 以前、【EGweb】で一度だけ『チョコチップ』の記事を書いた者です。

Check八王子のピンサロ『チョコチップ』に行った結果wwwww

 この記事はお陰様で多くの方に読まれ、高評価を頂くことが出来ました。記事を読んでチョコチップに行き、満足してお店を出られたなら幸いです。
 やはり書き手としては、評価をされたり、コメントなどの反応があると嬉しいですねw
 私の素性は一切明かせませんが、「管理人の江川氏とは旧知の仲」とだけ言っておきます。

 ライターと名乗るのも恥ずかしいほどに記事を書いていない私ですが(1記事だけですし)、江川氏から「面白そうな店があるから潜入して欲しい」との依頼を受け、6月30日に『秋葉原制服オーディション』と言う店を利用しました。

『秋葉原制服オーディション』ってどんな店?


『秋葉原制服オーディション』は、先月12日にオープンしたばかりの派遣型見学・リフレ・アロマ店である。制服オーディショングループ1号店の『池袋制服オーディション』が今年4月2日にオープンした後、オーナーが2号店として秋葉原に出店した。

 この『秋葉原制服オーディション』だが、実は開店直後から2ちゃんねるで話題になっていた。

派遣型ってどういう意味だ?
ここって目の前でパフォなの?抜いていいの?
摘発が近い店ナンバーワンだな

 同店で気になるのは、やはり「派遣型」というキーワードだろう。HPやネットで調べてみたが、詳細な情報は得られなかった。
 通常、見学やリフレなどのサービスは店舗内で行われる。見学店なら客が個室からマジックミラー越しに女の子を観賞し、リフレ店も個室内で簡易マッサージを受ける。
 だからこそ、俺も「派遣型」という言葉に違和感を覚えた。特に“派遣型見学”とは…一体どんなサービスなのだろうか。

『秋葉原制服オーディション』在籍表 そして特筆すべきは、「在籍嬢の大半が高校を中退した(または卒業したばかりの)10代」という点だ。

 これを聞いて、胸がときめいた読者(ロリコン)もいることだろう。実際にHPの「在籍表」を見てみると、キャストのほとんどが18、19歳というピチピチっぷり。名前の横には、「中退」や「あがりたて」などの一文が添えられている。
 つまり、秋葉原制服オーディションで働いている女の子は“ほぼJK”なのだ。


 俺的には「らむ」ちゃんが物凄く気になった。こういう感じのコ、好きなんだよねぇ…w

 いくら妄想を膨らませたところで、実際に利用してみなければ分からない。
 江川氏から連絡を受けた後、俺は早速同店に電話を掛けた。

今だとC(※1)がオススメですね。インパクトは強いと思います


店員「はい、『秋葉原制服オーディション』です」

 少々早口だが、ハキハキと話す男性店員が電話口に出た。

俺「ちょっとお聞きしたいんですが、“現役”はいるんですか?」
店員「いえ、全員しつこいまでの年齢確認をしておりますので、18歳以上(中退か卒業済み)しか働いていません」
俺「派遣型ということは、女の子が来てくれるんですよね?」
店員「はい、待ち合わせ型になりますので、別途レンタルルーム代が掛かります」

筆者の補足レンタルルーム代について
 後に知ったのだが、同店のLINEまたはメルマガに登録すると、新規に限り、レンタルルーム代が全額無料になるとのこと。俺は普通に払ったから、もっと早く知りたかった…(笑)

俺「見学パフォーマンスもレンタルルーム内で?」
店員「その通りです」

 つまりはこういう流れだ。

利用の流れ
①店に電話を掛け、利用コースと指名の有無を伝える。
②指定されたレンタルルームの一室に入る。
※「コクミンドラッグ」秋葉原東口店で待ち合わせるか、先にレンタルルームに入って待つかのいずれか。
③部屋番号を伝え、女の子を派遣して貰う。
④到着した女の子に料金を支払う。
⑤見学・リフレ・アロマエステなど、全てのサービスはレンタルルーム内で行われる。

 同店の料金システムは下記の通り。

料金システム
①見学店コース
②アロマエステコース
③見学&アロマコース
・60分/8,980円
・75分/11,980円
・90分/13,980円
・120分/16,980円
・180分/23,980円
・写真指名料(ネット指名)/1,000円
・本指名料(一度遊んだコを再指名)/2,000円

※上記は①・②・③の共通料金、別途レンタルルーム代が必要。見学・リフレ・アロマエステの時間配分は自由に割り振れる。

 少々高く感じるかもしれないが、メンズエステ店や回春マッサージ店の料金と同程度だ。“ほぼJK”からサービスを受けられることを考えたら、むしろ良心的な設定と言える。

 ちなみに、同店には「おさんぽコース」も存在する。つい最近までJKだった10代女子と、秋葉原でご飯・デート・カラオケなどを楽しむことが可能だ。
 同コースは、【EGweb】提携サイト、『矢口com』の矢口氏が体験しているので参考にして欲しい。

おススメ記事(別サイト)「秋葉原制服オーディション」JKお散歩体験談!夜の秋葉原を徘徊してみた

 こちらの質問攻めにも関わらず、丁寧に答えてくれる店員に好印象。

俺「今日は『らむ』さんはいけますか?」
店員「申し訳ありません。らむは本日お休みです」
俺「オススメの娘っています?」
店員「今だとCがオススメですね。中退の18歳なので、インパクトは強いと思います」
俺「それじゃあ、Cさんでアロマエステコース75分をお願いします。今秋葉原ではなく●●(某駅)にいるので、着くのは14時半頃になります」
店員「分かりました。それでは秋葉原に着いたらご連絡下さい」

「レンタルルーム内での見学」も気になるものの、今回は時間一杯、“ほぼJK”のアロママッサージを堪能することにしよう。
 ある程度の予想はつくが…

「マジックミラー越しで触れないからこそ見学する価値がある。いつでも触れる見学なんて邪道だ!」

 見学マニアなら、こう言うんじゃないだろうか。

 ちなみに、なぜ俺が平日の14時半に行けるのかはナイショだが、ちゃんと働いている。ニートではない(笑)

間違いない。『秋葉原制服オーディション』の客と嬢だ


秋葉原「昭和通り」 ※昭和通りの様子。「コクミンドラッグ」秋葉原東口店の前から撮影。

 14時半きっかりに秋葉原駅に到着、店に電話を掛ける。

俺「今秋葉原に着きました」
店員「それでは、まず昭和通り口を出て左手にある『コクミン』と言うドラッグストアに行って下さい。そのすぐ横の●●(某レンタルルーム)に入って、部屋番号が決まったらもう一度お電話をお願いします」

 レンタルルームはコクミンのすぐ隣にあった。レンタルルームのある階までエレベーターで上がる。
 エレベーターが開くと、目の前に2人の男女が立っていた。男はどこかしらスッキリしたような表情をしていて、女の子は制服を着ていた。間違いない。『秋葉原制服オーディション』の客と嬢だ。

 エレベーターを降りると、右側に自動券売機が置かれていた。今回は75分のため、余裕を持って90分2,500円の券を購入し、受付のオジサンに手渡す。

俺「お願いします」
オジサン「どこ(の店)?」
俺「秋葉原制服オーディションです」
オジサン「はい、それじゃあ902に行ってね」

 指定されたレンタルルームの前に立ち、ドアを開ける。

レンタルルーム ※ベッドには2つ(黒と赤)の枕が置かれていた。「添い寝をしろ」と言わんばかりだ(笑)

シャワールーム 室内は3畳ほどと意外に広く、右側にはベッドとその横に簡易テーブル、左側にはシャワールームがあった。
 レンタルルームに入った俺は、電話で店に部屋番号を伝える。

俺「部屋番号は902です」
店員「それでは今から女の子を向かわせますので、数分ほどお待ち下さい」

 電話を終えた俺はベッドに座り、タバコに火を点けた。

何故ここにいるのかと問いたくなる、『素人感』漂う清楚系女子


 数分ほど待つと、レンタルルームのドアがノックされた。

「どうぞ~」
「失礼しま~す」

秋葉原制服オーディション「C」1※諸事情により、モザイクを掛けた。

 スクールバッグを持って現れたCちゃんは、素朴で清純そうな外見をしていた。彼女は高校を中退した18歳、つまり“中退JK”だ。エロ店に縁が無さそうな風貌は『素人感』を思わせ、ルックスも十分当たりと言える。

「初めまして~Cです。よろしくお願いします」
「よろしくね」

 サービスを受ける前に、しばしのトークタイムを挟む。

 俺的には、嬢との会話もプレイの1つだ。こういった店では実に色々なコが働いている。女の子それぞれのストーリーを聞くのも楽しい。それは面白いものであったり、感動するものであったり、逆に『なんだコイツ』と思うものまで様々。
 女の子の背景を知るからこそ、サービスがより一層身に染みるのだ。

 Cちゃんは高校を中退した後、予備校に通い始めたと言う。そして、将来の学費を貯めるためにこの店で働いているそうだ。なんて勤勉なコだろうか。

「なんで高校辞めちゃったの?」
「ん~、私は勉強したかったんですけど、周りはそういう感じの人じゃなくて…。だから辞めちゃいました」
「周りに勉強しない人が多かったから、自分で勉強することにしたと」
「そうですね~。だから今はお金貯めてます」

 ふと俺の高校時代を思い出す。あの時はそんなに勉強なんてしなかったし、ただ友達と遊んで、親とか先生に言われるがままに大学へ行ったっけ。
 それに比べて、Cちゃんは自分で予備校に通い、「もっと勉強したい」と言っている。俺とは大違いだ。最近の若いコはしっかりしてるなぁ。

「今着てるのは中退した高校の制服?」
「いえ、これは新しく買ったやつなんです」
「そうなんだ」

 Cちゃんが出勤時に着用する制服は、以前通っていた高校の物ではないそうだ。
 秋葉原には「制服専門店」が存在し、下は数千円から、上は60万円以上の値段で売買されている。後者は都内の某有名高校の制服だが、初めて見た時には驚愕した記憶がある。

「これがオプション表です」

 同店には様々なオプションも用意されている。見学店やリフレ店では定番の「足踏みリフレ(3分)」、「お尻まくら(3分)」、「ラップチュウ(5回・要予約)」、「ハグ(1分)」など、Web上には比較的ソフトな内容が並んでいた。その他のオプションはHPを参照して欲しい。
 ラップチュウに予約が必要なのは、ロリコン達との間接キスに備えて心の準備をするのかもしれない。

 差し出されたオプション表を見ると、HPには掲載されていない内容も見受けられた。その中には比較的過激なオプションもある(詳細は伏せる)。これがいわゆる“裏オプ”というやつだろうか。
 Cちゃんが準備をしている間、利用するオプションを決めることにした。

 俺の目にまず留まったのは「水着」。Cちゃんは中退とは言え、本来なら高校に通っていたはずのJKだ。“中退JK”の水着姿を拝めるなら、これは頼むしかない。
 そして次に「写メ」。この店では女の子の写真も撮れるらしい。「写メ撮影(3枚・顔なし)」を選ぶ(顔ありも可能)。ライターの義務として、読者には詳細な事実を伝えたい。だからこそ、これも外せない。

 さて、75分という時間をどう使おうか。

①制服姿で写メ撮影。
②制服姿でアロママッサージ。
②水着姿で写メ撮影。
④水着姿でアロママッサージ。

 この作戦、我ながら完璧すぎる。
 作戦を練り終えた俺は、Cちゃんに「アロマエステコース」75分の料金、11,980円を手渡した。

“中退JK”の柔肌マッサージに、愚息がベッドにぶち当たる


「じゃあ、まず紙パンツを穿いてください~」

 そう言い、Cちゃんは紙パンツを手に取る。俺は衣服を脱いでシャワールームへ入り、紙パンツに穿き替える。
 シャワールームを出ると、彼女もアロマエステの準備を終えたようで、バッグからタイマーを取り出し、スイッチを押した。

 まずは制服姿で写真を撮らせて貰うことにする。ここで「写メ撮影(3枚・顔なし)」のオプション料金3,000円を追加で手渡す。

「どうすればいいですか?写真撮る人ほとんどいないから分からなくて…」

 撮影に慣れていない感じもまたいい。
 とは言え、俺はライターの「Y」氏のようなプロのカメラマンではない。適当に指示を出す。

「じゃあ、ベットの上で体育座りしてみて」
「は~い」

 体育座り状態のCちゃんをパシャリ。

 そしていよいよアロママッサージが始まる。Cちゃんはアロマオイルの入った容器を手に取り、自身の手に垂らす。

「それじゃあ、うつ伏せになってもらえますか?」

 そう言われ、レンタルルームのベッドにうつ伏せになる。程なく、俺の腰にCちゃんが後ろ向きに跨った。

(おぉ…お尻が…)

 “中退JK”の尻肉と脚に、俺の腰が包み込まれる。この時点でイチモツが反応し始めた。何しろこちらの装備は紙パンツ1枚だけ。行き場を失った愚息がベッドにぶち当たる。

 そして、脚からマッサージがスタートした。
 アロマオイルでヌルヌルの手が、俺の脚を上下に動く。現役ではないが、最近までJKだった10代の肌はやはり瑞々しい。アロマオイルと融合し、その滑らかさがより際立つ。

 次にCちゃんはクルリとこちらを向き、俺の背中に手を当てる。そのまま、内側から円を描くようにマッサージを敢行。
 力はそれほど強くないものの、彼女の優しさが込められているような指圧。日頃の疲れが取れていない俺は、心地良い眠気に誘われる。

 俺が利用するのは基本的に抜き店で、マッサージの類にはほとんど行かない。そんな俺が『気持ちいい』と感じた。
 もちろん、マッサージ専門店ではないため、マッサージ自体は素人のそれなのだが…かなり丁寧に思えたのだ。

「結構ちゃんとやるんだね」
「他のコは手抜きしたりするみたいですけど、私は結構しっかりやりますw」

 通常、このような店で働く女の子は、時間と共にどんどんスレていく。次第に客を見下し始め、『お金を貰えればそれでいい』という冷徹な集金マシーンと化していくものだ。そこには、色気や満足感などは微塵も無い。
 しかし、Cちゃんは違った。客から金を貰っている以上、しっかりとサービスを提供しようとする気概が感じられた。

この瞬間は、ロリコンにとっては至福この上ないだろう


 タイマーの表示は35分。ちょうど半分くらいの時間が過ぎた。
 このタイミングで「水着」オプションを発動させることにした俺は、再び3,000円を手渡す。

「じゃあ(水着に)着替えて貰っていい?」
「分かりました~。でもこの水着ダサいんですよねw」

 そう言うと、Cちゃんはバッグから水着を取り出した。白い布地に花柄模様のそれは、「ダサい」とまでは思わないが、確かに地味な水着だった。

秋葉原制服オーディション「C」2※諸事情により、モザイクを掛けた。

 水着姿のCちゃんは、胸こそ小さかったものの(本人曰くCカップ)、やはり10代だけに綺麗な素肌をしていた。
 そして写真を撮影した後、またマッサージをして貰う。

 制服時と同じように、まずはうつ伏せになる。今回はアロマオイルではなく、バッグからローションを取り出した彼女。
 ローションを自身の手に垂らしながら俺の腰に乗り、例の如く脚からマッサージ。そして手は背中へと移る。

「仰向けでお腹をマッサージして貰っていい?」
「いいですよ~wでもお腹をマッサージしてって言う人あまりいないですw」

 承諾を得たところで仰向けになると、Cちゃんが俺の両太股に跨った。
 俺は下から、彼女は上から、お互いに向き合う体勢でお腹をマッサージし始める。ローションでヌルヌルになった彼女の手が、俺の腹部を滑らかに動き回る。
 そして、向き合った状態で談笑する。

​ 今、俺の上には“中退JK”が跨っている。
 この瞬間は、ロリコンにとっては至福この上ないだろう。

 数ヶ所のマッサージを終えたところで、ちょうどアラームが鳴り、現実に引き戻された。

「時間になっちゃいましたね~。それじゃあ、私は制服に着替えるんで、シャワー浴びてきてくださいね」

 そう促され、シャワールームへ。その間、Cちゃんが店に電話をする声が聞こえてきた。自分の身体にお湯を掛けると、ローションのヌルヌル感が増す。塗られた量が少なかったため、それは徐々に消えていった。
 全身を洗い終え、シャワールームから出ると、紙パンツを脱いで服に着替える。既にCちゃんは制服姿でベッドに座っていた。

「じゃあ、私はこれで行きますね。今日はありがとうございました」

 Cちゃんのマッサージの余韻に浸りながら、タバコに火を点ける。

(中退JKの柔肌マッサージ…悪くねぇ)

 心なしか身軽になったような感覚を胸に、俺はレンタルルームを後にした。

総括


『秋葉原制服オーディション』の潜入調査からは、実に様々な収穫を得ることが出来た。

大手にパクられるほどの斬新アイディア、“派遣型見学店”

 同店の売りである「派遣型」というサービスだが、店長の秋田氏は自身のブログでこう述べている。

『日本で初めて「派遣型見学リフレ・アロマエステ店」をオープンしたのはウチです!』

 制服オーディショングループが、日本初の“派遣型見学店”であることはまず間違いない。
 ただ心残りなのは、レンタルルーム内での見学パフォーマンスを体験しなかった事だ(体験し忘れたと言ったほうが正しい)

 また、秋田氏はこうも述べていた。





『ついに大手グループにパクられました!』





 俺は秋田氏を陰ながら応援する。

ロリコン歓喜!中退・卒業したての10代がメイン

「JKビジネス規制」が大幅に強化された昨今。それに伴い、危険を感じた経営者は“現役”を辞めさせたり、一時休業・閉店という苦渋の決断を迫られた。それでもなお営業を強行したJK店は、摘発の憂き目に遭い、次々と消えていった。
 かろうじてセーフな業態は、会話をするだけの「JKカフェ」と「JKコミュ」くらいだ。

 在学中の満18歳の女子高生は新たに補導対象に加えられたが、高校に通っていない18歳を雇用すること自体は問題ない。制服オーディショングループのオーナーは、法の網を上手く潜り抜けたと言える。
 また、危険なのは補導の恐れがある女子高生だけではない。客側も、18歳未満の児童と触れ合う事はリスクが生じる。サービスを受けている最中、警察のガサが入る可能性もあり得る。その時、性的な行為をしていたら全てが終わる。

 同店に在籍しているのは、ほとんどが高校を中退、または卒業したばかりの女の子である(中には19歳、20歳のコもいるが)。
 つまり、“ほぼJK”との触れ合いを安全・合法的に楽しめる貴重な店なのだ。

“裏オプ”に誘われても決して乗るな

 結論から言おう。同店には“裏オプ”をしている女の子がいるようだ。
 だが、もし誘われても決して乗らぬこと。限りなくJKに近い、10代女子が多数在籍する店を潰したくはないだろう。

 本文中で、「オプション表には比較的過激なモノもある」と述べた。同店はあくまでもリフレ・見学・アロマエステ店なのだから、これはいわゆる裏オプションに該当する。
 詳しくは言えないが、中には「抜き」を示唆するオプションも見受けられた。気になる人は、自分の目で確かめて欲しい。

 JK店が乱立し、一躍話題となった裏オプだが、基本的には店の寿命を縮めるだけだ。裏オプ(または売買春)の横行により数多のJK店が摘発された事は、通い慣れている人なら幾度も見てきたはず。
 賢明な読者諸兄が、健全に遊ぶことを願っている。

最後に

『秋葉原制服オーディション』。その実態は、“ほぼJK”と思う存分、合法的にイチャイチャ出来る店だった。

 今回俺が使った金額は、90分のレンタルルーム代2,500円、75分の「アロマエステコース」11,980円、そしてオプションの「写メ撮影(3枚・顔なし)」と「水着」が各3,000円。計20,480円となった。
 かなり調子に乗ってしまったが、オプションを利用せずとも、つい最近までJKだった10代女子のマッサージは体験する価値がある。

 同店はあくまでもライト風俗店、風俗店ではない。
 抜ける可能性がある事は否めないが、お互いのためにも抜かないほうが無難だ。

Check伏字部分・未掲載写真は『公式メルマガ』で公開中!

おススメ記事(別サイト)秋葉原で18歳の「中退JK」からアロマエステ体験!【秋葉原制服オーディション】

『秋葉原制服オーディション』新バナー2
『横浜制服オーディション』の公式サイトを見る!

  • 店舗情報
  • 割引情報
  • 利用者アンケート
潜入日2015年6月30日
店名秋葉原制服オーディション
嬢名C(公式メルマガ内で公開中)
電話番号03-3525-8342
営業時間12:00~5:00
新規限定クーポン
受付時に「【EGweb】を見た」と伝えると、指名料または1,000円分のオプション無料!
実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『秋葉原制服オーディション』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

5.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ライター謎の男悪鬼

管理人と同地域在住、右腕的存在のライター。


コメント&トラックバック

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 3 )
  1. 先日同店のらむちゃんを指名させてもらいましたが、写真とはちょっと違う感じでした。
    なんというか、すこしぽっちゃり系で写真に似てる人という感じでした(笑)

    • まー坊さん、貴重な情報をありがとうございます!らむちゃんがかなり気になってたので助かりますww
      ちょいポチャでしたか…多少のパネマジは仕方ないと思いますが、写真と似てたならまだ良かったです(゚Д゚)笑
      次は池袋店に行って、千春ちゃんか梨杏ちゃんを指名する予定です!w

  2. オレもらむちゃん入ったことあります。
    ぷにぷに系ロリが好きなら、らむちゃんいいと思いますよ。

    • 匿名さん、これまた情報提供ありがとうございます!
      ぷにぷに系かつミニマムロリ巨乳(HPいわく)なら、その手の人にはたまらなさそうですね…(‘A`)ハアハア
      一度はらむちゃんにマッサージして貰おうと思いますww

  3. By 暇つぶしの名無しさん

    ここ10年で最悪の店でした

    前日キャバクラ体験入店でベロベロになり、その後オールで飲み明し、そのまま出勤した子がつきました
    当然まともな状態になく10分もまともなサービスは受けられず、前記の事を言い訳にしながらケータイで動画を見始めたり貢いでるホストの写真を見始めたり最悪でした

    その後、店に苦情は入れましたが返金やその他の補償は何もなしです
    しかも店はこのような状態であるのを知っていながら出勤させていたようですし、以前からタバコを吸っている等のクレムが相次いでいたようです

    ここまで酷い+店の対応の悪さは初めてのレベルですよ

    • 暇つぶしの名無しさん、コメントありがとうございます!
      それが事実なら、非常に残念なお話ですね…。

      この記事にも書きましたが、少なくとも僕が指名したCちゃんはサービス精神旺盛で、プロ意識がとても高いと感じました。
      「嬢の当たり外れはどの店でも起こる」と言えばそれまでですが…もし良ければ、今後の参考にさせて頂きたいので、[email protected]宛てにその嬢の名前を送って貰えないでしょうか?
      そうして頂ければ、管理人を通じてCちゃんの詳細情報を提供します。

      ご検討をよろしくお願い致しますm(_ _)m

  4. ここって風俗店ですよ。
    記事を修正された方がよろしいかと思いますが…

    • 匿名さん、情報提供ありがとうございます!
      そうなんですか!?ただ、仮に風俗店だったとしても、普通のリフレにも裏オプはありますし、実質「裏風俗」のようなものなので、内容的にはそんなに変わらない気がします…(´Д`)笑
      それと申し訳ないですが、原則として記事の修正はしません。ご了承くださいm(_ _)m

  5. 初めまして。私は秋葉原制服オーディションのgrand openと書かれたの画像の者です。実は先日、諸事情により、弁護士に頼んでサイトから削除してもらいました。お手数をおかけいたしますが、grand
    openの画像と、同じ画像だけ消して貰えますでしょうか。

    • あさん、該当画像の削除を行い、現在同店が使用している画像に差し替えました。
      この度はご返信とご対応が遅れてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

  1. […] 「日本初の派遣型見学リフレ&アロマエステ店、『秋葉原制服オーディション』体験レポート(EGweb)」 […]

  2. […] [秋葉原制服オーディション] (公式)公式サイト/ツイッター/リスト/萌えナビ(体験談・体験レポート)助兵衛1603/JKナビ1512-1/JKナビ1512-2/JKナビ1510-2/JKナビ1510-1/黒猫1508/矢口1508/egweb1507/矢口1507/生殺し1507/生殺し1507(掲示板)2ch.sc/爆サイ […]

  3. […] 18歳“中退JK”が多数在籍!日本初の派遣型見学リフレ&アロマエステ店、『秋葉原制服オーディション』体験レポート […]

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top